地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 「赤チョーノ」さんを生きた教材にして、大卒新人の正随優弥、即戦力目指す
2019年02月02日
編集部

「赤チョーノ」さんを生きた教材にして、大卒新人の正随優弥、即戦力目指す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
正随優弥
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

練習用のこの長尺棒もうまくスイングする正随優弥(トップ画像)

広島の宮崎・日南キャンプ2日目(2月2日)。天福球場では若手投手がフリー打撃に登板した。

打席には、丸の抜けた穴を埋めるためにレギュラー確保が期待される野間、西川や捕手登録ながら外野も練習中の坂倉(以上3人は左打者)、それにバティスタが入った。

そして外野手もうひとり。大卒新人で広島市南区、要するにマツダスタジアムのある街出身の正随優弥(しょうずい・ゆうや・亜細亜大学)も打席へ。

正随優弥

対戦相手は首脳陣の配慮で高卒5年目左腕で一軍経験もある塹江。結果はバラつき気味の投球の中から強く振れる球をジャストミート。両翼99メートル、センター122メートルの球場のバックスクリーンにも、内角をうまくさばいて打ち込んだ。もう一発、左中間に叩き込み、推定飛距離は130メートル以上。

連日、キャンプの話題をさらうのは「赤チョーノ」でそれはそれで予想通りだが、それほど実績のある右打者が加入してもなお、主力組のキャンプに呼ばれただけのことはある。

ひろスポ!では1年前の今ごろ、坂倉将吾を推した(この日の打撃練習も内容の濃いバッティングを披露)が、今回はこの右の強打のルーキー!

「赤チョーノ」さんは格好の教材でもあり、マツダスタジアムのスタンドに放り込む日もそう遠くはさそう、だ。

ひろスポ!関連記事
広島に人的補償で長野がやって来る!巨人ファンため息、カープファン連日のニュース項目1位ド超級の注目度!(2019年1月9日掲載)
hirospo.com/pickup/52865.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内