地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > リモートオーナー会議も開催のNPB12球団一枚岩、でも報じられる内容にはイマイチ統一感なし…
2020年05月13日
編集部

リモートオーナー会議も開催のNPB12球団一枚岩、でも報じられる内容にはイマイチ統一感なし…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
広島 dメニュー ランキング
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はドコモdメニュー広島ニュースアクセスランキング、5月12日はひろスポ!のワンツーフィニッシュ…

新型コロナウイルス問題をどう報じるか?習近平中国は当然ながら、アメリカ合衆国でもドイツでも、そして日本でも書き手や、報じる側の立ち位置の違いによって、同じことが正反対の視点で紹介されていたりする。

コロナの今、コロナ後の世界。メディアの役割がどんどん大きくなりつつある。

”相手”を完膚なきまでに叩こうとする報道も目立つ。俯瞰的に見てコロナ後の世界に警鐘を鳴らす専門家も多い。

先のテレビ朝日のように、取材先の意図とは「真逆編集」をして詫びるようなケースもある。これなど、局内が(当然ながら勤務体系も対コロナで)混乱している典型例ではあるまいか?

現場で収録した担当者、それを命じた担当者、番組を進行する担当者、番組の責任者。戦力の著しい低下と指令系統の乱れ…。でも、オンエア時間は必ずやってくる。特に月・金帯番組では、飲まず食わず寝ずに編集しても、あっという間に。それは恐ろしいことであり、疲弊した現場からのSOS?

さて、そんな緊急事態宣言下でのプロ野球は今後どうなるか?どうしたいのか?

このテーマでも、各メディアの報道内容は異なる。異なることに問題はないのだが、一枚岩を強調した取り組みが報じられるケースは少ない。

そして、以下のひろスポ!記事は、11日ドコモdメニュー広島ニュースアクセスランキングで1位、同東京ランキングで15位だった。

開幕日決まらずも「12球団で一致」強調のコミッショナー、じゃあ巨人・阪神孤立報道「フラッシュ」への全面取消、謝罪文はどうなった?(2020年5月11日掲載)
hirospo.com/pickup/65470.html

 

上記記事では読売新聞の報じた内容を受け「12球団一致」のありようについて触れている。

5月12日にはオンラインによる臨時のオーナー会議があり、この件で各メディアが報じる中、ここでもスポーツ報知の記事はセ・パ両リーグでの開幕後の開催方式の違いなど、より踏み込んだ内容になっている。

記事の中ではヤクルトの衣笠剛オーナー代行やパリーグ球団幹部の発言が紹介されており、巨人関係者は出てこない。だが、ひろスポ!は、ここでも”巨人サイドの意思もかなり働いているのでは?”と勝手に想像してしまう。

今後、Jリーグがどういう展開になるか?も注目だが、NPBの現状は12球団統一の意思で、という割には断片的に出てくる情報にはイマイチ統一感がない。

各社がそれぞれの球団担当者やオーナー会議出席者に取材すれば、その数だけの記事ができてしまいそう。それゆえ、NPBvsフラッシュの行方はやはり気になるところ、ではある。

ひろスタ特命取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内