地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 8月から1万6500席予定のマツダスタジアム、Jリーグも緩和見送りのコロナ拡大でピンチ!主催全73試合一括販売完全に裏目でカープファンは「まったく予定も立たず」
2020年07月20日
編集部

8月から1万6500席予定のマツダスタジアム、Jリーグも緩和見送りのコロナ拡大でピンチ!主催全73試合一括販売完全に裏目でカープファンは「まったく予定も立たず」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダスタジアム
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はマツダスタジアムに払い戻しに来たファン、一方、ファンはチケットを新たに買えない状況が続いている

 

 

マツダスタジアムで待望のカープファン入場が”解禁”されたのが7月14日。

入場者数とスコアと勝敗をまとめると…

巨人3連戦
14日 4987人 2−7●
15日 5000人 1−12●
16日 4987人 4−9●

ヤクルト戦
17日 4991人 9−2〇
18日 4977人 4−9●
19日 4991人 3−3△

…だった。

19日の中継はNHKBSで、アナウンサーが「スタンドにはカープファンばかり」と言っていた。そりゃそうだろう。マツダスタジアムの年間指定席購入者のみに、この6連戦のチケットが球団から送られてくる。

中にはネットで高額転売した者もいる。最初の3日間は巨人のユニホームを来たファンもかなりいた。どうやってチケットを手に入れたのか?

広島東洋カープでは、今回のコロナ非常事態に際して、年間指定席購入者に一切、割引を行っていない。他球団の対応と比べると極めて異質だ。

その影響は年間指定席とは無縁の普通のカープファンを直撃している。

広島東洋カープのHPによれば、マツダスタジアムで行われる7月14日から30日までの9試合は年間指定席購入者が入れ替わり立ち替わり5,000席分だけ入場できる。

そのあと8月7日からは年間指定席に加えて一般入場券も発売。政府イベント開催制限の目安(定員の50パーセント)に従って1万6500席に増やす、となっている。

広島東洋カープが年間指定席購入者にこうした方針を知らせたのは6月29日。

だが、新型コロナウイルスを取り巻く状況は刻一刻と変化する。そのためイベント興行主は「読み」が大事になってくる。

例えば日本ハムは8月初旬の主催試合に関して、上限5000人を維持してチケットを販売すると7月17日に発表した。

日本ハムのHPからそのまま引用させてもらう、次のように書いてある。まっとうな判断だろう。

北海道日本ハムファイターズでは、8月4日(火)〜8月9日(日)までの北海道日本ハムファイターズ主催公式戦のチケット販売の概要が決定いたしましたので、お知らせいたします。なお、今回販売対象となる試合につきましては、新型コロナウイルス観戦拡大防止のため、5,000名までの入場制限を設けさせていただきます。(※情勢により入場制限設定数が増加する場合がございます)

また、座席間の十分な距離を確保するための座席間隔を空けた販売となります。概要をご確認いただき、チケットをお買い求めください。

……

政府の「読み」が甘いのはもう国民も慣れっこ?で、最近では「Go To トラベル」が「ガタガタトラブル」になっている。

政府方針に沿った形の、8月1日からの収容人数50パーセントでのプロ野球開催も怪しいもので、18日、西村経済再生担当大臣は8月の緩和策について「慎重に考えなければいけない」とした。

都内での感染者の増加に歯止めがかからず、広島市でもこの日(7月20日)を含めて11日連続で新たな感染者が発表された。また、県東部の福山市ではクラスターが発生して社会的にも大きな影響が出ている。

さらにこの日(7月20日)、Jリーグは8月1日からのスタジアム入場制限緩和の方針を8月10日まで延長すると発表した。第11回臨時実行委員会を開催して決定した。政府の正式決定を待たずに先読みする。NPBに一番欠けている部分だ。

こうした状況から「カープ球団が想定しているような流れで入場者数を増やしていくことは難しいのでは?」「政府のOKなしにキャパの50パーセント上限とはならない」と見る関係者は多い。

また、ネット上でもすでに多くのファンが指摘していることだが、マツダスタジアムでの5000人入場はかなり歪(いびつ)な形の座席配置をファンに強いており、「マツダが密だになっている」(ファンの声)。

この件は次回触れるが、今のカープ球団の方針のままでいけば、いつまでたっても年間指定席購入者以外のカープファンはマツダスタジアムに入れないことになる。

マツダスタジアム開催分の公式戦い戻しは現在、指定席に関しては五輪中断期間前までとなっており、8月18日以降の試合分は、3月1日からの一斉販売で購入したファンの手元にそのままある。

もちろんカープファンは都内にも関西にも九州にも北海道にも散在する。遠隔地からマツダスタジアムに来る場合はいろいろと準備が必要だ。「これじゃまったく予定も立てられないし、友達とどうしようかと…」そんな声がひろスポ!に多数届いている。

「マツダテント村問題」などファン、市民からの疑問・反対の声に耳を貸さず、3月1日からチケット一括発売を続けてきたその極めて特殊なカープ球団の手法は、コロナという”天の声”によりその問題点を浮き彫りにされつつある。

広スタ特命取材班

追記

巨人はこの日、都内で読売新聞社、東京ドームとの3者による共同会見に臨み、新型コロナウイルス対策を含めて約100億円を東京ドームの改修費用に充てると発表。屋内スタジアムでも安全ですよ!と世間にアピールするため。人同士の接触を避けるためのキャッシュレス化も同時に進める。また、阪神、中日、西武は8月からのチケット販売を休止中。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内