地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 東京ドーム最終戦が優勝争い天王山にならなかった訳、佐々岡監督のマネジメント力より、ひとりリーグ5連覇当確の丸のような存在…
2020年10月15日
編集部

東京ドーム最終戦が優勝争い天王山にならなかった訳、佐々岡監督のマネジメント力より、ひとりリーグ5連覇当確の丸のような存在…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京ドーム
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は東京ドーム

 

10月15日 △5-5(延長10回) 巨人 東京ドーム
通算40勝49敗10分け(M8の巨人まで18・5差の5位)
18時開始・4時間5分、1万6411人
相手先発 サンチェス5回3分の1、9安打5失点
本塁打 松山8号②

一番レフト宇草
二番ショート田中広
三番ライト誠也
四番ファースト松山
五番センター西川
六番キャッチャー曾澤
七番サード堂林
八番セカンド菊池涼
九番ピッチャー野村2回33球1安打1失点(自責1)
高橋樹
中田
中村恭H
ケムナH
塹江H
フランスア

広島は先発の野村がナゾの2回降板。しかし二番手の高橋樹(4失点)のあとを受けた中田以下、5投手の無失点リレーで引き分けに持ち込んだ。

打っては五回、巨人先発のサンチェスから田中広の適時打と松山の一発で計4点で試合を振り出しに戻した。

これが東京ドームシーズン最終戦。優勝争いだったらスタンドに詰めかけたカープファンも盛り上がっただろうに…

それにしても引き分け10は多すぎる。

コロナ特例ルールで、延長10回打ち切りではあっても、他の11球団の引き分け数の平均は4・5だから倍以上の計算だ。

それは勝負弱いことの裏返しでもある。

無理を承知で言うなら引き分けじゃなくて1点差でもいいから全部勝っていれば借金9じゃなくて貯金1だ。

やるのは選手。選手の技術指導はコーチ。チーム全体の統括は監督。佐々岡監督に関して「マネジメント力において疑問」の声があるのは確かで、そこは1年目の反省材料だろう。

一方の巨人ベンチ。原監督以下、コーチ陣の動きを見ているといろいろ感じるところもある。

ただし、けっきょくチーム力を左右するのはチームリーダーの統率力。巨人で言えば選手会長の菅野や、2000本安打カウントダウン中の主将の坂本や、”ひとりリーグ5連覇”当確の丸の存在…

丸の放出を決めた時、広島球団はこの一番大事な問題をどう考えていたのだろうか?(ひろスポ!・田辺一球)

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内