地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 都内で話題?広島「ばかたれーっ!!」ネタ取り上げた中国新聞「天風録」にブーメラン?それにしてもアンジュヴィオレ広島あの報道のあとどうなった?
2020年12月24日
編集部

都内で話題?広島「ばかたれーっ!!」ネタ取り上げた中国新聞「天風録」にブーメラン?それにしてもアンジュヴィオレ広島あの報道のあとどうなった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アンジュヴィオレ広島
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はアンジュヴィオレ広島今季ホーム最終戦から

都内で話題?広島「ばかたれーっ!!」ネタ取り上げた中国新聞「天風録」にブーメラン?それにしてもアンジュヴィオレ広島あの報道のあとどうなった?

……

 

 

広島県観光連盟の「ばかたれーっ!!」ポスター広告が首都圏の主要駅に貼られて話題となっている。

ただ、悪いのは本当に新型コロナウイルスだけか?地球の生命の歴史を振り返れば、生存を懸けた戦いは子どもたちに人気の恐竜時代にもあった。人類の祖先を食い散らかした肉食生物は大馬鹿たれか?戦後75年。地球環境の激変を反省する方が先ではないか?ペストやチフスも馬鹿呼ばわりされたのだろうか?

広島で今一番の「ばかたれーっ!!」は河井夫妻?今日付けの中国新聞「天風録」も安倍前首相の「政治とカネ」を取り上げ「ばかたれ」落ちで締めている。

ところがその中国新聞、元局長だった男性が女子トイレ盗撮で警察から任意で事情を聞かれていることが分かった。12月24日午前9時には読売新聞が報じたが、懲戒解雇処分は22日付。しかも未だに中国新聞は何も報じていない。ネットでいくらでも速報できる。

「ばかたれ」はどこの誰か?

食物連鎖の中での捕食行為と、趣味の世界?に倒錯する非社会的行為ではまるで違う。被害者のことを考えれば「ばか」では済まない。

この日の朝刊で産経新聞社は、新潟日報社(新潟市)のニュースサイトから写真を盗用し使用していたと発表した。自ら明かすのだからまだましか?いやそうでもない。

産経新聞社は6月に架空アンケート事件で反省したばかりのはず。部数激減の先頭を行き、広島でも御多分に漏れず自社ビルをホテルに建て替え、記者は地元民放局へ移り、支局機能なし。みんなが逃げ出すような状況ではタガは緩みっぱなしなのだろうか?

話を中国新聞に戻す。

9月18日付の同紙には「アンジュ存続へ向け奔走」「アマで運営企業傘下も視野」「J1広島が翻意」などの見出しが躍り、サンフレッチェ広島関係者や広島県サッカー協会には”事実とは異なる”その報道に接した人たちから様々な反応が届いた。

それはそれとして問題はそのあとだ。

アンジュヴィオレ広島はその後、危機的状況ながら存続を決め、チャレンジリーグWESTで優勝し、皇后杯やチャレンジリーグ優勝決定戦に出場した。

ところがその節目節目での中国新聞紙面での掲載の小さいこと。あの紙面上での大騒動は何だったのか?エディオンスタジアム広島であった優勝決定戦にさえ記者の姿はなかった。

また12月23日にはサンフレッチェ広島女子チーム監督会見があったのだが、取材に来ていたのはカープ担当記者。9月18日を挟みその前後で取材、紙面展開した記者二人の姿はここでもなかった。

12月24日付の朝日新聞広島版にはアンジュヴィオレ広島存続に関する詳しい記事が掲載されている。朝日新聞もアンジュヴィオレ広島存続に向けかなりの記事量だったから、今回のような締めになるのが普通だろう。

アンジュヴィオレ広島は組織的な強化体制の構築や財源確保など課題山積の状況で、続報なしでいいはずはない。

中国新聞もその他の地元マスコミの一部も、ある人物に頼まれてアンジュヴィオレ広島を救え!のニュース報道を一気呵成に行った。それがひろスタ特命取材班としての結論だ。「頼まれて取材に来ました」という声も確認した。

そんなことだからますます新聞は売れなくなる?

産経新聞は24日午前、尾道で居酒屋を切り盛りする女将の電子書籍「尾道わくわく人生海道」がAmazonで9冠に輝いたと報じた。

その土地の人たちとの交流の中、コロナ禍でも尾道の素晴らしさに感謝しながら生活していく。地方紙がやらなくなったことを、個人レベルでやって全国の、世界の人に喜ばれる。尾道に行ったら顔を出してみたいとみんな思うだろう。

盗撮や盗用や改ざんや偏向報道はその対極にある。あすの中国新聞「天風録」も「続ばかたれ」がテーマだろうか?

広スタ特命取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内