地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島県湯崎知事、サッカースタジアム&コロナ責任追求記事アクセス集中、無策のまま流川・薬研堀地区も呉市、尾道市、福山市、三次市歓楽街もますます窮地…次は広島そごうか…
2021年02月14日
編集部

広島県湯崎知事、サッカースタジアム&コロナ責任追求記事アクセス集中、無策のまま流川・薬研堀地区も呉市、尾道市、福山市、三次市歓楽街もますます窮地…次は広島そごうか…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コロナ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

トップ画像は2020年年の瀬の流川通り、午後7時…

 

ひろスポ!が2月11日にドコモdメニューニュースに配信した…

「女性蔑視」森会長は辞任決着へ、「想像力」欠如は通用せず、広島県予算案でサッカースタジアム、旧陸軍被服支廠関連予算見送りの「80万人PCR検査」湯崎知事も責任を取った方が良くないか? | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)

が広島アクセスランキングで3日続けてトップ5入りした。

11日3位、12日5位、13日3位。

広島県民の湯崎県政に対する高い関心度がうかがえる。当然ながらランキングは日々、入れ替わる。3日間に渡っての上位キープはレアケース。

 

一方、dメニューニュース広島アクセスランキングでは2月12日に読売新聞が配信した…

繁華街の店「3分の2なくなるかも」…深夜の飲食店、昨年の廃業5倍

…がこの日11位に、13日には8位にランクインした。

 

その内容は衝撃的で、中四国エリアで最大とされる繁華街の流川・薬研堀地区を有する広島市中区では2020年に廃業を届け出たバーや居酒屋などの数が前年の5倍近くに跳ね上がっているという。

もちろん、これは広島県内の各市町村共通の大問題。流川・薬研堀地区に関しても、すでに長期停滞期に入り、地区内では建物が取り壊されたあとが駐車場になるなどその足腰が弱まっていたところにコロナ禍で止めを刺された感が強い。

再開発の進捗度が一進一退の福山市や三原市などの瀬戸内の各都市や、三次市など内陸部の都市もみな同様の傾向にある。先ごろ、新駅舎内が2年も経たずにすっからかんになった尾道市もそう。旧日本海軍・海軍工廠の中で唯一の製鋼部を有した呉海軍工廠からのノウハウと魂を引き継ぐ巨大製鉄所群撤退のカウントダウンが続く呉市はもはやまったく先が見通せない状況だ。中国新聞「投書」欄にも昨夏の時点で「製鉄所県の対策望む」の声が掲載された。敷地は東京ドーム30個分。途方もない規模の跡地がやがて生まれる。

すでに地盤沈下の顕著なJR呉駅前の呉そごう、さらにJR福山駅に近い福山そごう(現エフピコRiM)。ともにそごう撤退後、紆余曲折を経て未だ、その”巨体”を持て余している。

かつて、福山駅と福山そごうを結ぶ楕円形のエリアは若い人たちや家族連れで溢れていた。長らく手を打たないでいると、けっきょく取り返しのつかない事態になる。


どこの地方都市かと思ったら100万都市広島の地下街シャレオの午後6時(2021年2月撮影)

コロナ
「カミハチキテル」イベント展開中のクレド広場、午後6時、いたのは「Wolt」さんだけ…昼間のテーブル利用率もやっぱり「カミハチキテナイ…」(2021年2月撮影)


右が元の福山そごう、中国銀行も泣いている…ぜんぜん人通りがない(2021年2月撮影)

福山
そしてJR福山駅、南口も…(2020年10月撮影)

ゆめタウン
3月に閉店するゆめタウン松永、車で10分のラ・ムー松永店など点在する他の量販店との競争に敗れた感もある…(2021年2月撮影)


画像奥がJR三原駅前のホテルなど複合再開発ゾーン、しかしその周辺商店街を歩けばいかに厳しい状況か、は一目瞭然(2020年7月撮影)

呉
正面にJR呉駅、右手に呉そごう、いつまでたっても活用策が決まらず、曇り空が余計に重たい(2020年11月撮影)

呉
護衛艦の奥に日本製鉄の瀬戸内製鉄所呉地区、協力会社も含めておよそ3300人が働く(2020年12月撮影)

尾道
JR尾道駅、2020年6月撮影、この時点ですでに怪しげな空気が漂っていた、最初からコンセプトがブレていたのに加えて、コロナのせいで人気(ひとけ)なし…

広島
ロングで見れば活気ある都市に思えてくるが、その足元では大変なことが…2020年12月撮影の広島市デルタ地域

次なる”危機”は間違いなくそごう広島店の番だろう。現状がどうなっているのか?を掘り下げるメディアがないのがその証拠。ついに松永店撤退のイズミ・ゆめタウンもコロナ禍では身動きとれない状況のようだが、日経メディアでかなり詳しく現状が報じられたりしているからまだまし?そごうと連携プレーのはずの地下街シャレオもシャッター街になって久しい。まさに行政の放置プレーによって地盤沈下が止まらくなった。

県・市・紙屋町近辺エリア関係者・企業連携による都心再生プランはいろいろあれど、どれも弱い。

今、そごう広島店隣接のクレド広場で開催されている「カミハチキテル」のイベントもはっきり言って「カミハチキテナイ」…

同じコロナ禍の政令都市でも福岡・天神地下街の賑わいとはあまりに違い過ぎるのは誰の責任か?

2006年のペアシティ三原解体後JR三原駅前に延々と放置されていた跡地には昨年になってやっと図書館やホテルの複合施設が出来たが時すでに遅し、その周辺エリアはすっかり寂れてしまった。(おまけに河井事件で三原市の天満市長は昨年6月に辞職、三原市民にとっては災難続きだ)

こうした県民の生活に直結する、避けては通れないテーマに挑むのが本来の知事、各自治体首長の姿。大事なことを先送りにして、さらにこの期に及んで決定打なしというのであれば、流川や各都市歓楽地壊滅もやがて現実と化すことになる。

旧広島市民球場跡地に新サッカースタジアムを持ってきていれば、まだかなり状況は違っていたのに…

広スタ特命取材班&田辺一球

ひろスポ!は広島の街・スポーツ・平和について考えます。さらに深い広島・カープ情報は…
携帯サイト「田辺一球」で、
TOPページ (ikkyuu-t.com)
田辺一球、スマホで検索!

 

ひろスポ!関連記事
第7回アンケート結果より「試合中に原爆ドームが映る、平和都市広島からの一つの発信力」サッカースタジアム問題の核心部分 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com(2016年10月4日掲載)

日頃「平和都市広島」を声高に語る松井市長、湯崎知事がなぜサッカースタジアムで「平和」を語らないのか?市長選松井市長の”私怨”から、平和の理念体現の森保監督までの考察 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)」(2016年月4月9日掲載)

広島市長選を睨み小谷野薫氏、閉塞都市・広島の”体力低下”、”戦術のなさ”を札幌、仙台、福岡、さらには岡山との数字の比較で明快に指摘!このままでは広島は”J2”陥落の危機… | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)(2015年2月17日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内