地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 皇后杯準々決勝、女王の翼で三菱重工浦和レッズレディースも倒す!立花葉「年越しもみんなで…」
2021年12月28日
編集部

皇后杯準々決勝、女王の翼で三菱重工浦和レッズレディースも倒す!立花葉「年越しもみんなで…」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
立花葉
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

トップ画像は三菱重工浦和レッズレディース戦先発が予想される立花葉の前日練習、ピッチには雪が残る

 

 

皇后杯準々決勝の三菱重工浦和レッズレディース戦に備えてサンフレッチェ広島レジーナは12月28日、移動日前の練習を広島市安佐南区の広島経済大学フットボールパークで行った。

 

まだグラウンドに雪が残る中、攻撃の組み立てやセットプレーの確認などに時間を割き、午後から新幹線で大阪に移動した。

 

皇后杯準々決勝は大阪市東住吉区のヤンマースタジアム長居で午後1時キックオフ。

 

広島レジーナは12月25日、クリスマスの広島広域公園第一球技場で皇后杯デビュー戦に臨み、強敵マイナビ仙台レディースに2-0のスコアで快勝した。

 

それから中4日。過密日程のため、新たな練習などはできない。実質、マイナビ仙台戦と同じ先発でベスト4進出を目指すことになるだろう。

 

マイナビ仙台戦先発は…
GK 木稲瑠那
DF
 松原優菜、左山桃子、中村楓、木﨑あおい
MF
 川島はるな、松原志歩、近賀ゆかり、
FW
 立花葉、上野真実、中嶋淑乃

マイナビ仙台戦では松原志歩が前半終了間際に貴重な先制ゴールを決め、後半にはCKから2点目を奪った。

 

この試合では”女王の翼”、左右両ウイングの動きも大きな武器になった。右の立花葉、左の中嶋淑乃。このふたりの組み合わせはWEリーグ第1節、第2節と第5節、そして間が空いて第10節(11月20日)から数えて公式戦では5度目となったが、”負ければ終わりの一発勝負”で、立花葉は後半アディショナルタイムまで走り続けた。惜しいシュートやナイスクロス、ナイス守備など随所に光ものがあった。

 

立花葉は1月24日に開催されたセレクションを経て、初代レジーナのメンバーになった。クラブが勧誘したのではない。自ら売り込み、チャンスを掴んだ。

ひろスポ!関連記事
特報!WEリーグにゼロから立ち上げ参入するサンフレッチェ広島、関東から兵庫から岡山から注目のセレクション2次審査で合格者は… | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2021年1月24日掲載)

WEリーグ開幕戦、サンフレッチェ広島レジーナ、立花葉、中嶋淑乃らの”女王の翼”で3-0白星発進 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2021年9月12日掲載)

 

ポジション争いの結果、記念すべきWEリーグ開幕戦で中嶋淑乃と”女王の翼”を担うことになった(67分交代)。そのあと第2節も63分交代、第3節の日テレ・東京ヴェルディベレーザ戦はフル出場した。

 

だが、第4節のアルビレックス新潟レディース戦(広島広域公園第一球技場)では74分からの途中出場となった。

 

「セレクションを経て広島に単身乗り込んでWEリーグっそして皇后杯にも出場、ここまでおよそ10カ月で印象に残ったことは?」との問いに、立花葉はこう答えた。

 

「10月試合に関わることが少なくなって、(第4節の)アルビ戦で同点の状況で途中出場した時に自分に求められている役割がぜんぜん全うできなかったんです。縦にもぜんぜん仕掛けられなかったですし、ゴールに向かうプレーがぜんぜん出せなくて…。そこはけっこう落ち込んだというか、反省したというか…。そこがけっこう自分の中できっかになった試合でもありました」

 

10月にあった4試合のうち後半2試合はベンチスタート。11月の初戦(第9節)も59分からの途中出場だった。

 

「練習の中でもとにかく自分の特徴を出そうと、そこを意識して、縦に仕掛けることをあとはクロスの失点も練習しました、まあ、まだまだですけど、ほんとちょっと…悪くはなくなったかな、というぐらいには…」

 

ベンチメンバー、ベンチ外のメンバーも含めて「全員で戦う」と言い続けている中村伸監督は、例えば先のマイナビ仙台戦で「ボランチ松原志歩」という「引き出し」を使うなど様々なプランを実践してきた。

 

左右のワイドに張るふたりの組み合わせもそう。それがWEリーグ開幕時にまた戻ったことになる。

 

あすの浦和レッズレディース戦は年内最終戦に当たる。勝てば2022年1月5日に準決勝。

 

「やるしかないですし、トーナメントならではの楽しさ、ワクワクしている部分もあってチームの雰囲気もいいですし、4回戦勝ったことで盛り上がっていますから年越しもみんなでしたいです」

 

まだチームの歴史が1年にも満たない中、「年越しもみんなで」できればこれ以上のことはない。そのためには失点はもちろんNGだが得点が必要…

 

…なので当日移動の直前のタイミングで聞いていてみた。

 

-そろそろ得点もね、惜しいやつ、たくさん見てきました、得点についてはどうですか?

 

立花 そうですね、得点については、ほんとに自分で一番分かってるんで、えへへ…

 

-すいません、仕事なんで…

 

立花 あぁ、すいません、そんなこと言って…、はい、もっともっと前で、ワイドに張るだけじゃなくて、ゴール前で関わることのできるしシーンを増やしていかないといけないなって思います!

 

※皇后杯全日本女子サッカー選手権準々決勝、サンフレッチェ広島レジーナvs三菱重工浦和レッズレディース、12月29日午後1時からNHKBS1で生中継。

 

松原志歩
松原志歩の投げた白星(雪玉)が上野真実に命中…

 

ひろスポ!関連記事
WEリーグ勢登場の皇后杯4回戦で波乱、サンフレッチェ広島レジーナは松原志歩、近賀ゆかりのゴールでマイナビ仙台レディースに快勝! | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2021年12月25日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内