地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > ウエスタン・リーグ全日程終了、広島の安部は盗塁王、そして栗原、東出は…
2014年09月30日
編集部

ウエスタン・リーグ全日程終了、広島の安部は盗塁王、そして栗原、東出は…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
菊池とノックを受ける安部
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

マツダスタジアムで菊池(左)とノックを受ける安部

 

ウエスタン・リーグの全日程が9月30日、終了した。広島との接戦を制して先ごろ優勝したソフトバンクがシーズン68勝利のリーグ新記録を樹立した。2位の広島は60勝で負け数はソフトバンクと同じ37敗だった。

広島の安部は26盗塁をマークして盗塁王、フィリップスが17セーブでセーブ王。

安部はチーム最多の91試合に出場。打率3割6厘、出塁率3割6分4厘の”合格点”だった。しかし、一軍ではルーキーの田中がショート、サードのポジションで大ブレーク。今後の巻き返しには”足”をいっそうアピールしていくことも必要になる。

安部と同じく91試合に出場した2年目の高橋は今季、初の一軍出場を果たしたが後半は安定感を欠く打撃が目立った。打率は2割1分3厘に止まったが11本塁打をマークして潜在能力の高さを証明した。

その高橋と並ぶ11本塁打を放ったのが同じく2年目の美間。シーズン大詰め、ソフトバンクとの優勝争いが白熱する中、3試合連続ホームランを放つなど成長ぶりをアピールして、今季限りでチームを去ることになった内田二軍監督を喜ばせた。

栗原と東出はともにここまで一軍に一度も上がらずウエスタン・リーグで調整を続けてきた。栗原は80試合で4本塁打、打率2割4分9厘の物足りない数字に終わった。コンディションをにらみながら出場を続けた東出は49試合で打率2割7分2厘だった。

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内