地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 速報 > ヤンキース、田中将大デビュー戦勝利、先頭打者に黒田博樹と同じく本塁打許したが粘投(4月5日)
2014年04月05日
編集部

ヤンキース、田中将大デビュー戦勝利、先頭打者に黒田博樹と同じく本塁打許したが粘投(4月5日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

米大リーグ、ヤンキースの田中将大は4日(日本時間5日朝)、トロントのロージャースセンターで、ブルージェイズ戦の先発マウンドに立ち、メジャーデビューを果たした。投球内容は、7回を投げ6安打3失点(自責2)、無四球8三振。見事、白星を手にした。

プレーボールと同時に、ヤンキースベンチからは黒田博樹がその姿に熱視線を送り、ベンチの上のスタンドからは、まい夫人が観戦した。

試合は初回にヤンキースが2点を先制。理想的な形でスタートを切ったかに思えたが、田中はその裏、先頭のカブレラにボールカウント2-1から、イチローが見上げる中、右中間スタンドにもって行かれた。

田中は二回にも満塁のピンチを迎えて2点を失い、一度は逆転されたものの、直後の三回にヤンキースがイチローの内野安打を足がかり3対2と再逆転。さらに四回にも1点を加えて5対3として、田中のピッチングを後押しした。

田中は5回までで5安打3失点、6奪三振で勝ち投手の権利を手にすると六、七回は真っ直ぐ主体の組み立てでゼロを並べた。

なお、黒田博樹は2日(日本時間3日)にヒューストンズで行われたアストロズ戦で6回を投げ3安打2失点。初回、ファウラーに先頭打者本塁打を浴びており、田中はメジャー大先輩の姿をお手本に踏ん張ったかっこう。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内