地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > しぶとく繋ぐヤクルト打線、先発の広島・野村祐輔がどう相手を分断するか?(7月6日)
2014年07月06日
編集部

しぶとく繋ぐヤクルト打線、先発の広島・野村祐輔がどう相手を分断するか?(7月6日)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島対ヤクルト11回戦(広島7勝3敗)午後1時30分、マツダスタジアム、予告先発は、広島・野村祐輔(4勝3敗)、ヤクルト・村中(0勝0敗)

広島は昨日のヤクルト戦で3対4の惜敗を喫した。一番の敗因はエルドレッド、ロサリオの四番、五番で無安打6三振を喫したこと。

昨日の試合で広島の奪った3点は梵のソロと會澤のツーランによるもの。

一、三、四、五、七、八回に6度、得点圏に走者を置きながら適時打ゼロに終わっている。

ヤクルト予告先発の村中は4月6日に中継ぎ登板した際、腰に張りを訴えて抹消された。今回はそれ以来の登板となり、広島打線としてはしっかり”とらえたい”ところ。

逆に広島先発の野村祐輔はヤクルトの”繋ぐ打線”をいかに分断することがきるか?

ヤクルトの昨日の得点は岩村、川端の左打者の適時打と代打・飯原の内野ゴロの間の1点。

野村は今季、ヤクルト打線相手に4月、2戦2勝と相性良し。守護神ミコライオが昨日、打ち込まれた広島としては野村に踏ん張ってもらって、余裕をもって終盤へ向かいたい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内