地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > J1王者の意地とプライドわずかに及ばず、サンフレッチェ広島、南米王者リバープレートに0-1で屈す(速報形式)
2015年12月16日
編集部

J1王者の意地とプライドわずかに及ばず、サンフレッチェ広島、南米王者リバープレートに0-1で屈す(速報形式)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

クラブワールドカップ準決勝(12月16日・ヤンマースタジアム長居)
サンフレッチェ広島対リバープレート(アルゼンチン)

サンフレッチェ広島、森保監督はFWにクラブW杯に続き、皆川を据え、ミキッチを控えに回して右サイドに柏、左サイドに清水。皆川はリーグ戦で出番は少ないながらも”この日”に備えて少しずつ経験を踏んできた。森保監督が起用する、ということは”勝機”をこじあける重要な”要素”、勝負手のひとつがFW皆川、ということになるが…。

皆川は今季リーグ戦出場5試合、2戦連続でトップ下に入りセットプレーも蹴る茶島は同じくわずかに3試合…

サンフレッチェ広島スタメン
GK 林 DF 千葉、佐々木、塩谷 MF 青山、森崎和、柏、茶島、清水 FW ドウグラス、皆川

サブ、スタンド観戦
増田、廣永、水本、高橋、ミキッチ、山岸、野津田、丸谷、柴崎、宮原、佐藤寿人、浅野

やはりゾーンに入っている…南米王者相手でも前半0-0折り返し

皆川を前線に残し、ドウグラス下がり気味にポジションを置き、「全員守備」でリバープレートに思うようにパスを回させない、相手の攻撃をうまく寸断。

キックオフを控えた森保監督、

「これまでいい戦いができていますし、このリバープレートとの戦い、楽しみに待っています。世界の強豪クラブにリスペクトはしますが、我々らしく戦って勝機をモノにしたいと思います」

そう言い切っただけのことはある。
前半21分、ドウグラスのシュートが相手DFに当たり、サンフレッチェ広島が準々決勝より遥かに早い時間帯でCKを取る。

そして25分、下がり目のドウグラスがボールを受け、柏からの一本のパスが皆川へ。GKと1対1のチャンス。左足を上げてのシュート、GKマルセロ・バロベロ素早く飛び出し交錯、ジャストミートのシュートにならず…。

32分、左サイドを茶島がドリブルで上がり、鋭い切り返しシュート!バロベロがファインセーブ。

39分、右サイドのドウグラスから青山。青山の左足からペナルティエリア内の皆川に速いパス。皆川が右足でシュート。バロベロ、右手でスーパーセーブ。

前半、リバープレート、シュート5本、枠に2本、サンフレッチェ広島は7本と3本…

「戦後、復興70周年の広島の心、広島のクラブチームとして世界に広島の存在を知ってもらうために…」(森保監督)

残り45分で日本のクラブチームとして初の決勝の扉をこじ開けるか?

 

サンフレッチェ広島、クラブW杯決勝に届かず、0-1でリバープレートに屈す

前半0-0で折り返し、後半もメンバー交替互いになし。

後半11分、先にリバープレートが動き、元アルゼンチン代表のルイス・ゴンザレスを投入。

後半15分、サンフレッチェ広島も柏からミキッチにスイッチ。18分、リバープレートはレオナルド・ピスクリチOUT、タバレ・ビウデスIN、前線へ。

そして後半20分、皆川から浅野にスイッチ。この時点で支配率はサンフレッチェ広島41パーセント、リバープレート59パーセント。サンフレッチェ広島、セカンドボールが拾えなくなっている。頼みのドウグラスの動きもやや重い感じ。前半飛ばし過ぎか?いや15日間で5試合はハード過ぎる…

後半27分、リバープレートFK。右サイドで少し遠い位置。キッカーはここまで再三、サンフレゴールを脅かしてきたカルロス・サンチェス。林が前に出てキャッチを試みるがDFホマナン・マイダナが頭でゴール中央へ。このボールにFWルーカス・アラリオが頭で合わせて佐々木がゴール前に飛び込むがボールはゴールネットへ…。

そして30分に茶島に代わって佐藤寿人。しかしリバープレートの寄せが格段に速くなり、今度はサンフレッチェ広島のパスが繋がらない。

44分、塩谷が攻め上がりシュートを放つがGK正面。守備の意識も強い佐藤寿人も浅野もなかなか絡めず最後の希望、アディショナルタイム、サイドのミキッチからドウグラスへボールが渡り、ドウグラスがドリブルで攻め上がるが途中で止められる。セカンドボールを拾った青山、ゴール前の佐藤へパス。しかし気持ちが逸る分、パスがわずかに長くGKにキャッチされ、その1分後にタイムアップ。
1901年設立の名門クラブ、1986年トヨタカップ優勝の相手に0-1で敗れたサンフレッチェ広島は1992年設立(前身の東洋工業蹴球部は1938年設立)。

90有余年の歴史の差をひっくり返すための世界ベスト4の舞台、セットプレーが勝敗の分かれ目となり、サンフレッチェ広島は3位決定戦へ回ることになった。

だが、世界最強の一角を相手に見事な試合内容。茶島や皆川の体に刻み込まれたシュートや相手を流れの中では完封し続けるクラブワールドカップでの経験は大きな財産、世界一への挑戦の楽しみは残しておく。そして残るは世界トップ3への挑戦権、そのあと天皇杯での頂点を目指す戦いが待っている。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内