地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 浅野拓磨はドーハで風になる、リオ五輪へ強烈シュートニアポスト直撃…
2016年01月17日
編集部

浅野拓磨はドーハで風になる、リオ五輪へ強烈シュートニアポスト直撃…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

U-23日本代表は1月16日、カタール・ドーハでリオデジャネイロ五輪アジア最終予選を兼ねたU-23アジア選手権の第2戦、タイ戦に臨み4-0で快勝、2連勝で勝ち点6として1次リーグB組を1戦を残して突破した。

3日前の北朝鮮戦からスタメン6人を入れ替えた日本は前半27分、FW鈴木武蔵(アルビレックス新潟)がMF遠藤航(浦和レッズ)からの縦パスをうまくコントロールして豪快に蹴り込み先制した。

1-0で前半を折り返すと後半4分、原川力(川崎フロンターレ)のクロスを高い打点までジャンプしたMF矢島慎也(ファジアーノ岡山)が頭で叩き込み2-0。後半30分には途中出場のFW久保裕也(スイス・ワンダーボーイズ)が確実に決めて3-0、久保は39分にもPKを決めて日本の圧勝となった。

昨季のJリーグベストヤングプレーヤー賞FW、浅野拓磨は鈴木とともにツートップでスタメン出場。序盤からドリブル突破でキレのある動きを見せ、相手ゴールに迫ると前半8分、ゴールエリア深くまで切り込み左足で強烈な一撃を放ったがニアポスト直撃となった。

後半24分、浅野に代わって出場した久保がその6分後に巧みなボールコントロールから3点目を右足で蹴り込んだだけに浅野としても1点を決めたかったところ。

五輪出場権は決勝進出の2チームと3位決定戦に勝ったチームに与えられる。準々決勝進出を決めた日本はこのあと中2日が続く強行日程で、この試合で鈴木に代わって後半頭からピッチに立ったオナイワ阿道(ジェフユナイテッド市原・千葉ジェッツ)も含めて前線の4人が併用される可能性が高く、残る最大4試合の中で浅野がゴールを決める場面に出会えそうだ。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内