地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サッカーリオデジャネイロ五輪最終予選、日本は1次リーグ全勝、注目の浅野拓磨は”いつものように”後半から途中出場
2016年01月19日
編集部

サッカーリオデジャネイロ五輪最終予選、日本は1次リーグ全勝、注目の浅野拓磨は”いつものように”後半から途中出場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

U-23アジア選手権兼リオデジャネイロ五輪最終予選、カタールスポーツクラブスタジアム、1月19日。

1次リーグB組2連勝ですでに準々決勝進出を決めている日本はB組2位のサウジアラビアと対戦。2-1で競り勝ち、1次リーグ3戦全勝で22日、A組2位の強敵イランと対戦することになった。B組2位は北朝鮮。サウジアラビアは1次リーグ敗退となった。

日本は第2戦から先発10人を入れ替えて試合に臨み、一進一退の攻防が続く前半31分、MF大島僚太(川崎フロンターレ)の強烈なミドルが決まって先制した。

後半8分にはチーム最年少19歳の井手口陽介(ガンバ大阪)がエリア外からゴール右へ蹴り込み2-0。その4分後にPKで1点返されたが逃げ切った。

注目の浅野拓磨(サンフレッチェ広島)は後半12分、MF三竿建斗(鹿島アントラーズ)に代わって第2戦に続き今大会2試合目の出場を果たした。サンフレッチェ広島での森保監督のもとでの起用法に準じたパターンを手倉森監督も試しているものと思われる。

浅野は最前線へ入り、スタメンのオナイウ阿道(ジェフユナイテッド千葉)との2トップを形成。いきなり左サイドをロングボールで抜け出したがシュートまでは持ち込めなかった。

後半40分にはオナイウに代わって同じく浅野のライバル久保裕也(スイス・ヤングボーイズ)がピッチへ。

その2分後、アピールしたい浅野は左サイド、ライン際を駆け上がりDFラインの裏へ抜け出すと、久保がフリーでゴール正面に走り込んだがそのまま右足シュート…、しかし大きくワクを外して得点ならず。

第2戦でも決定機に決めきらなかった浅野。アディショナルタイム、試合終了間際のセットプレーからはロングシュートを狙ったがここでも完全にとらえきることができなかった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内