地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > 広島魂を仁川に掲げよ!野津田岳人でネパール撃破!
2014年09月21日
編集部

広島魂を仁川に掲げよ!野津田岳人でネパール撃破!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

仁川アジア大会、サッカーの男子1次リーグ最終戦が行われた。連覇を狙う日本はここまで2試合で0得点7失点のネパールを4-0で撃破。勝ち点6としてD組2位で決勝トーナメント進出を決めた。D組1位は日本に3-1で勝ち3戦全勝で勝ち点9のイラク。

決勝トーナメント1回戦の相手はパレスチナで25日午後5時キックオフ。

前半0-0の均衡を破ったのはMF野津田のゴールだった。GKの頭の上を越えクロスバーを直撃した一撃は直前で大きく沈んだ分、そのままゴールネットに突き刺さった。得意の左足にその感触が確かに刻みこまれた。

広島に生まれ、広島で育った。小さいころからの夢だったサンフレッチェ広島のユニホームにも袖を通し、J1連覇のピッチを駆け抜け、そして目指すはフル代表。その通過点となる21歳以下代表での初ゴールでチームに勢いを呼び込んだ。

後半にはMF中島(FC東京)と、ワントップの鈴木(新潟)の2ゴールでネパールを突き放した。野津田は仁川に乗り込み3試合目にしてフル出場。初戦のクウェート戦もスタメンだったが2戦目のイラク戦は1-2ビハインドの後半16分からピッチに立ち目の前で相手に3点目を決められた。

ひとたび後手に回ればもう勝つことは難しくなるのが国際大会。常に相手より優位な形に持っていく、と言う意味では野津田の先制ゴールは大きな意味があった。

「いよいよここから気の抜けない戦いが始まる」と勝って兜の緒を締める手倉森誠監督。2年後のリオデジャネイロ五輪を目指す21歳以下代表の戦いは、そして野津田の左足はどんなパフォーマンスを見せてくれるだろうか?

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内