地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 昨年の覇者、瀬戸内4回戦敗退、”ドカベン基町”はシード校の市立呉に敗れ春のリベンジならず
2014年07月23日
編集部

昨年の覇者、瀬戸内4回戦敗退、”ドカベン基町”はシード校の市立呉に敗れ春のリベンジならず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
光山撮影しまなみの基町対市立呉
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は基町対市立呉の行われている尾道しまなみ球場の全景

高校野球広島大会はベスト8をかけ県内4会場で4回戦が行われた。春の県大会と中国大会の覇者・広陵、3年ぶり優勝目指す如水館、それに市立呉のシード校3校はベスト8に進出。しかしシード校の尾道商はセンバツ出場校の広島新庄に接戦の末、4対5で敗れ、2年ぶりの頂点を目指した同じくシード校の広島工も2対3で誠之館に競り負けた。また夏連覇を狙った瀬戸内は高陽東に3対4で敗れた。

西条農8-2賀茂
西条農は2年生右腕、古比谷が今大会初登板で154球を投げ完投した。

高陽東4-3瀬戸内
3試合連続完投の高陽東のエース加藤が連覇を目指す瀬戸内打線の前に立ちはだかった。5安打ピッチングで4対2で迎えた九回のマウンドでも相手の反撃を1点でしのぎ4連続完投でチームをベスト8に導いた。

広陵7-0沼田(七回コールド)

市立呉5-2基町
しまなみ球場の第1試合は春の県大会ベスト8をかけ激突した市立呉と基町が再び対戦。8対0で春の県大会を勝ち上がった市立呉が今回もまた中盤までの接戦を制した。
今回も先制したのは市立呉。25イニング連続無失点の基町の左腕・西田から小原、下野の連続二塁打で2点をもぎ取った。
追う基町は七回、2番手投手・西田を攻め3安打で1点を返した。
すると市立呉は八回、疲れの見え始めた西田から死球と4長短打で3点を加え5対1とリードを広げた。追いすがる基町は九回、敵失絡みで1点を返したが反撃もそこまで。春のリベンジはならず、初のベスト8入りを逃した。

広島新庄5-4尾道商

広島商10-0国際学院(五回コールド)

誠之館3-2広島工

如水館9-4崇徳
如水館は14安打を放ち中盤で試合の主導権を握った。崇徳も11安打を放ったが3年ぶりのベスト8はならなかった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内