地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 6回に4点、広島新庄が7対3で広島商下して2年連続の決勝進出
2014年07月26日
編集部

6回に4点、広島新庄が7対3で広島商下して2年連続の決勝進出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

高校野球・広島大会準決勝第2試合、尾道しまなみ球場

センバツ出場校の広島新庄が7対3で広島商を退け、春夏連続甲子園に向けあと1勝とした。

広島新庄は初回、一死一、三塁で四番・坂垣はピッチャーゴロ。中林は一度、三本間に挟まれたがタッチをかわして先制のホームイン。続く奥田の内野ゴロで加点した。

しかしその裏、広島新庄先発の舟橋が死球絡みのピンチを招き、四番・三次に左翼越え二塁打を打たれて2-2同点。広島新庄は三回、相手のバッテリーミスで勝ち越したがその裏、3人目の山岡もつかまり再び試合は振り出しに戻った。

3-3同点で迎えた六回、新庄は一死一、三塁で打席には山岡。広島商二番手の若狭から勝ち越し適時打してさらに二死満塁から三番・西島が走者一掃のタイムリー。この4点が効いてその後は山岡が広島商打線を沈黙させた。

広島新庄・迫田監督の話
1戦目となった2回戦が非常に苦しかった。(工大高に1-0)1戦1戦力を出してくれれば、と思っていたがここまでよくやってくれた。(舟橋は)非常に調子いいので先発させたがきょうは球が高かった。(あすの先発は)この暑さの中での連投になるし、もう一度よく考える。(決勝については)広陵高校は春のチャンピオン、決勝で対戦できてこれほどの喜びはない。春の大会で敗れているので何とか借りを返したい。

 

 

 

広島商先発の小林

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内