地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 延長15回一時停止試合に、全国高校軟式野球で広島・崇徳、初の決勝進出へ1点が奪えず…
2014年08月28日
編集部

延長15回一時停止試合に、全国高校軟式野球で広島・崇徳、初の決勝進出へ1点が奪えず…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島の崇徳、壮絶延長15回決着つかず―

日本高校野球連盟主催の全国高校軟式野球大会準決勝が兵庫県の明石トーカロ球場(明石公園第1野球場)であった。

第1試合の広島・崇徳(西中国代表)対岐阜・中京(東海・岐阜代表)の試合は0対0のまま延長十五回、2時間52分を戦い、大会規定によりサスペンデッドゲーム(一時試合停止の翌日継続試合)となった。

崇徳の石岡は前日の準々決勝、熊本・文徳(南部九州代表)戦で完封した勢いに乗り決勝進出をかけた一戦もひとりで177球を投げ抜いた。キレのあるストレートにスライダー、カーブのコンビネーション。許したヒットはわずかに5本だった。

一方の中京先発、松井も同じく準々決勝完封翌日のマウンドで215球を投げ切った。球数からも分かるように試合は終始、崇徳が押し気味で10安打を放ち、得点圏に走者を8度進めながら松井のしぶといピッチングの前にあと1本が出なかった。

初のベスト4入りを果たした崇徳の勢いと過去6度の優勝を誇る中京の底力…。両投手の投げ合い、バックの固い守り…。両者がぶつかり合った結果が合計30個のゼロとなって、スコアボードを埋めていった。

サスペンデッドゲームは29日午前11時に延長十六回から同球場で再開される。中京は4年前にもサスペンデッドゲームを経験しており、「無心」で臨む崇徳との1点を巡る攻防戦が注目される。

なお、準決勝第2試合は神奈川・三浦学苑(南関東代表)が2対1で福岡大大濠(北部九州代表)に勝利。三浦学苑と崇徳・中京の勝者による決勝は、30日午前11時から同球場で行われる。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内