地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 泣く年、くるう年でまた年越しか…サッカースタジアム問題は年内進展せず?基町地区住民と3者会談側の話し合いはいつ?
2016年11月27日
編集部編集部

泣く年、くるう年でまた年越しか…サッカースタジアム問題は年内進展せず?基町地区住民と3者会談側の話し合いはいつ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基町
  • フューチャープレイヤーサッカースクール広島

  • 画像1

    国産えごま油の化粧品プティボヌール

  • 5

    1607_paardenbloem_bana_nyuko_ol

  • 3

    brand_dug

  • 4

    hakko_club

  • 2

    onigiri

中央公園案を受け、意見のとりまとめを進める基町地区だが…(画像は基町高層アパート)

 

広島のサッカースタジアム問題がまた、”渋滞”にはまり込んだ。

これまで何度も「スタジアム建設へ向け前向きに検討…」の声があがり、そのあと必ず”停滞期”に入るという繰り返しを演じてきたが、今回もまた同じ流れになりつつある。

松井市長、湯崎知事、広島商工会議所・深山会頭の3者会談側の代表が「中央公園案」の説明のため、基町地区の住民代表を訪ねたのは10月2日だった。もうすぐ2カ月が経過する。

基町地区の住民側では12月にも、サンフレッチェ広島を含む「4者」を現地に招き、「数々の疑問点をぶつける」(基町地区住民代表のひとり)時間を設けようと調整してきた。

だが、12月は何かと忙しい。また、基町地区住民の意見をまとめあげる作業も大変で「そもそもサッカーが何か知らない、見たこともない者も大勢いる」(基町地区住民の声)状況にあるという。

基町地区での声をいろいろ拾い上げていくと、どうやら12月中に2度目の”話し合い”を行うことは難しいようだ。

一方、3者会談側の代表的な役割を果たしている広島市文化スポーツ部の杉山朗部長は「住民のみなさんがじっくり話し合ってから、連絡が来るのを待つ」立場にあるという。

なるほど、広島市が吹田市や北九州市や京都市に次々、スタジアム建設問題で追い越されていく理由がよく分かる。

スタジアム推進のリーダー役である行政側に「早期実現」の意欲なし、である。

広島新サッカースタジアム取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

    広島家電買取

  • 6

    motoyama

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    icom

  • 4

    kanpuri

  • 2

    renaissance

  • 3

    dra_one

  • 8

    banner_splace

有料メルマガ配信案内