地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 驚弾2発 夢をかなえる 第一歩…代打で2打席連続2ランデビュー、バティスタ選手の夢がかないますように、ひろスポ!スケッチ・田中聡作品展(#77
2017年06月07日
編集部編集部

驚弾2発 夢をかなえる 第一歩…代打で2打席連続2ランデビュー、バティスタ選手の夢がかないますように、ひろスポ!スケッチ・田中聡作品展(#77

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田中聡
  • 画像1

  • 5

  • 3

  • 4

  • 2

田中 聡(たなか・さとし)専門学校・美術予備校で講師をするかたわら、広島を中心にイラストレーターとしても活動中。カープやサンフレッチェのイラストを中心に、日々のあれこれをブログに掲載しています。
tnksts.jugem.jp

 

ドミニカ共和国出身のバティスタ選手がマツダスタジアムで2試合続けて代打ホームランを放ちました。プロ初打席からというのは、セ・リーグ史上初の快挙となりました。

2015年秋にカープアカデミーの練習生として初来日してから、ずっとこのチャンスを待ち続けていました。

昨季は実戦の中である程度の数字を残しましたが、一軍に昇格するチャンスは巡ってきませんでした。

今季はウエスタン・リーグで驚異的なバッティングを披露、育成契約から晴れて支配下登録選手となり、その翌日にはマツダスタジアムにやってきて即、一軍デビューという華やかなスタートとなりました。

でも、初スタメンに抜擢された6月6日の日本ハム戦(札幌ドーム)では、レフトライナー、レフトフライ、キャッチャ―ファウルフライ、空振り三振に終わりました。

「低目に手を出さない」ことで2打席連発を可能にした、バティスタ選手の打撃スタイル。さっそく相手に研究され、高目へのボール球につい手を出したりもしていました。

とはいえ、それがプロの世界です。簡単にいくはずもありません。

バティスタ選手は、母国にいる家族といつも連絡をとり、そしてたくさん稼げるようになって、日本車や日本の家電製品や、生活を豊かにする品々を実家に送りたい、と考えているようです。

2009年、最初に契約を交わしたのはシカゴ・カブスでした。それから紆余曲折があり、長い下積みの日々を経験してきたその悔しさがその並外れたパワーの原動力です。

うまくいかないことがあっても、決してその歩みを止めることはないでしょう。

ニューヒーローの出現で、またこのコーナーで描きたいことも増えような予感…です!

 

お知らせ

「ひろスポ!スケッチ・田中聡作品展」で人気の田中聡さんの「野球応援スタンプ(赤バージョン)」がカープファンの間ですっかりお馴染みになりました。

おかっぱ頭の楓ちゃん、弟の空くん、いとこで黒髪のななちゃん、猫のスピカに柴犬のハル。広島の赤いチームが大好きな、3人と2匹の野球応援スタンプ。お申し込みはコチラから。
line.me/S/sticker/1120061

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 7

  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

  • 4

  • 2

  • 3

  • 8

有料メルマガ配信案内