地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 前田健太とポレダの投げ合い、坂本絡みの意外な展開でも予想に違わぬ結果に…
2015年08月21日
編集部

前田健太とポレダの投げ合い、坂本絡みの意外な展開でも予想に違わぬ結果に…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島・前田健太、巨人・ポレダで始まったマツダスタジアムでの一戦。「ひろスポ!」では両者譲らぬ「ハード」な投手戦を予想し、「広島打線はポレダから得点できるか?」と試合前予想を結んだが、展開は意外な経緯をたどりながらも結果はその通りになった。

先制したのは巨人でしかも初回。四番の阿部に10号2ランが飛び出して、前田健太の方が早々と失点する以外な”入り”となった。

しかし広島は三回に3点。しかしこれは「奪った」ものではなく「もらった」もの。グスマンの打球を坂本がタイムリーエラーして同点になり、さらにポレダの押し出しで広島は勝ち越しに成功。しかもポレダは押し出しのあと即、降板…。

その後の前田健太は粘り強く投げ続けて勝ち投手の権利を持って八回のマウンドを大瀬良に託した。

ところがその八回、坂本が二死から執念の二塁打で出塁。続く阿部が中越えに適時二塁打して試合は3-3の振り出しに…。さらにその直後から雨脚が強まり試合は中断(午後9時30分現在)。けっきょく前田健太とポレダの対決は予想どおり!?の痛み分け、となった。

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内