地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 大瀬良113球完投も負け投手、打線はデビュー戦の吉田輝に脱帽
2019年06月12日
編集部

大瀬良113球完投も負け投手、打線はデビュー戦の吉田輝に脱帽

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

6月12日 ●1-2日本ハム、札幌ドーム
通算35勝26敗1分け(2位巨人に1・5差の首位)
18時1分開始・3時間5分・2万1102人
相手先発 吉田輝○5回4安打1失点
本塁打 なし
登録抹消 野村
出場登録 薮田

一番センター長野
二番セカンド菊池涼
三番ファーストバティスタ
四番ライト鈴木
五番レフト西川
六番DH磯村
七番サード安部
八番キャッチャー會澤
九番ショート田中
ピッチャー大瀬良●(12試合6勝3敗)8回113球8安打2失点(自責2)

大瀬良と吉田輝、全国が注目する投げ合いは吉田輝に軍配。113球完投負けの大瀬良は自身の連勝が5でストップした。

広島打線は移籍後初の一番に入った長野が初回、2ボールから右前打で出塁、二回の二死一塁では左中間に適時打したが、これが唯一の得点になった。

広島は今季3度の完封負けがあるが1得点負けは4月9日のヤクルト戦(マツダ)に続いて2度目。

日本ハム先発の吉田輝は5回1失点で初登板先発勝利。初回、一死満塁となって打席には傑出したミート力の西川。この場面、143キロ空振り、143キロ見逃しストライク、140キロアウトハイ空振り…3球で決着となり、続く磯村はカーブを打って三ゴロだった。

満塁となってから吉田輝が投じた10球のうちボールになったのは2球だけ。並の新人ではこうはいかないだろう。引っ張り出してくるようで申し訳ないが、前日の初回に日本ハムに5点を献上した野村は途中から汗が噴き出していた。

しかし吉田輝の”涼しげ”な表情はいきなり満塁のピンチになろうが、1点勝ち越した直後の三回にバティスタ、鈴木、西川のクリーンアップを迎えようがほとんど変わることがなかった。変化を挙げるとすれば、磯村を打ち取る直前の真っ直ぐ2球の時、続けて帽子が脱げたことぐらい…

だが脱帽したのは広島打線の方で、終わってみればわずか5安打。九回の二死一、二塁では會澤の三遊間を抜けるかというゴロをサード・平沼にさばかれ交流戦3カード連続の負け越しとなった。(ひろスポ!・田辺一球)

新年度年会費キャッシュバック!!
JCBカープカードでいつも応援気分!
JBC
詳しい内容及びお申込みはこちら

ひろスポ!関連記事
広島打線vs吉田輝星、大瀬良vs吉田輝星、”全球収録”勝敗左右したのは”あのシーン”永久保存版
hirospo.com/carp/57005.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内