地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島のサードは誰に?新井貴か、堂林か、梵か、それとも打率6割越えの鈴木誠也か?
2014年11月13日
編集部

広島のサードは誰に?新井貴か、堂林か、梵か、それとも打率6割越えの鈴木誠也か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新井貴浩の構え
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

かつての広島の四番、新井貴は果たして…

 

来季の広島のサードは誰か?近々、阪神からFM移籍(振り出しに戻る移籍!?)の新井貴も参戦して、その実情は混とんとしてきた。

広島のサードは1999年までは江藤、そのあと新井貴、そのあとは…、「新井の抜けた穴は大きい」という状況が、実に今シーズンまで続くことになった。

逆に言えば「新井は出してはいけなかった」ということになる。

 

新井貴のあとサードを引き継いだシーボルは2008年シーズン限りで契約を切られた。

翌2009年はマクレーンで、また1年限りでここまではブラウン監督が”担当”した。

野村監督の時代になるとサード問題は混迷を深めていった。

2010年は小窪、栗原、さらには石井琢朗らを併用。2011年はトレーシー、バーデン、小窪と、もう”誰でもOK”の様相を呈してきた。

2012年には堂林がひとりで133試合サードを守ったが、2013年は8月20日の死球骨折(中日戦、岐阜)を境に以後、木村がサードを”死守”した。

それでは今シーズンはどうだったか?

まず新井貴だが94試合で打率・244、43安打、3本塁打、31打点、スタメンサードは25試合。

対する広島勢ではこれまで見てきたように一番経験のある小窪。今季は打率・317と打ちまくりながらもなぜか途中出場も多く、78試合で51安打、3本塁打、30打点、スタメンサードは28試合。

この28試合の内訳も3・4月4、5月7、6月7、7月5、8月2、9月3試合と見事にバラバラ。そして、数字的には新井貴を上回っている。

先ごろFA宣言回避を決め広島残留が決まった梵は114試合、95安打、8本塁打、41打点でスタメンサードは43試合。ただし8月以降に集中しており、前半はショートを守っていた。

開幕スタメンサードだった堂林は5月9日に指の骨折で抹消されたこともあり93試合で打率・246、70安打、8本塁打、28打点。4月は14試合、5月は7試合ほどスタメンサードを任されたが、7月にはライトと併用になり、8・9月のスタメンはすべてライトだった。スタメンサードはけっきょく27試合に止まった。

ルーキーの田中は110試合で打率・292、86安打、9本塁打、34打点。スタメンサードは26試合で8月1日の巨人戦(東京ドーム)を最後にその後はスタメンショートに定着した。

セカンドの菊地とは同世代。普通に考えれば来季は菊池と田中、涼介&広輔の二遊間になる。

梵と同じくFA権を行使せず残留した木村は101試合で打率・261、62安打、1本塁打、13打点。9月の勝負どころでスタメンサードが8試合もある。シーズン合計では13試合にスタメンサードで出場した。

最後に第1回IBAF21Uベースボールワールドカップ、21Uの日本代表メンバーとして1次ラウンド4試合で打率6割以上と打ちまくっている鈴木誠也。36試合で打率・344、22安打、1本塁打、7打点でスタメンサードは1試合のみだが、緒方監督注目の若武者は伸びシロが大いに期待できる。

こうして見ていくと、田中を除いた6選手のサード争いはいずれも決め手を欠いている、ようにも見える。もちろんトータルの実績でいけば新井貴の右に出るものはいない。なお、広島時代の新井貴がラストシーズンに残した数字は…

144試合、556打数161安打、28本塁、102打点、打率・290、である。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内