地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島の新外国人、ロサリオは虫垂炎離脱、グスマンは寒さに凍える、そして秘密兵器デヘススがベール脱ぐ…
2015年02月08日
編集部

広島の新外国人、ロサリオは虫垂炎離脱、グスマンは寒さに凍える、そして秘密兵器デヘススがベール脱ぐ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ファーストを守るグスマン
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

この日はファーストの守備でも”ポーズ”を決めた新外国人のグスマン

 

宮崎・日南でキャンプ中の広島に朝一番で衝撃が走った。

期待の右のスラッガー、ロサリオが発熱などを訴え宮崎市内で診断を受け「急性虫垂炎」と診断された。

手術や入院をせず、様子を見るが「(2月18日からの)沖縄キャンプも難しいかもしれない」と緒方監督は無念そう。

これで広島の外国人選手のリタイアは右足首捻挫のザガースキー、インフルエンザのヒースに続き3人目となった。

こうなれば同じくレフトが定位置の新外国人グスマンに注目!といきたいところだが、天福球場はこの日、強く冷たい風が吹き荒れ、球団史上初の100万ドルスクラッチヒッターはご覧のとおり。寒さには弱いようでこのままのスタイルで打席に入るフリー打撃はまずまず、といったところだった。

寒さに弱い?グスマン

そんな中にあって首脳陣が思わず身を乗り出すようなハイパフォーマンスを発揮したのが、196センチの長身右腕、デヘスス。

キャンプイン直前に練習生から育成契約に昇格したばかりだが、この日投げた誰よりも威力のあるストレートと変化球は菊池を見逃し三振、丸を空振り三振に仕留めるなど迫力満点…。

寒風を突き快投のデヘスス
寒風吹き荒れる中、熱いピッチングを披露した「カリブのダル」デヘスス

野球協約により、27歳のデヘススが支配下登録を取るには3月末が期限となるが、緒方監督は「何とかそれができるよう掛け合ってみるよ」と前向きに話した。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内