地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島、ラッキーゴールでも堅守貫徹!ホームでアルビレックス新潟に1-0勝ち点3
2016年04月15日
編集部

サンフレッチェ広島、ラッキーゴールでも堅守貫徹!ホームでアルビレックス新潟に1-0勝ち点3

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
サンフレッチェ広島
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

試合前、エディオンスタジアム広島では熊本地震の義援金募金活動が行われた

 

J1第1ステージ第7節、エディオンスタジアム広島、午後7時キックオフ
サンフレッチェ広島対アルビレックス新潟

サンフレッチェ広島がアルビレックス新潟に1-0で勝って勝ち点3をホームでもぎとった。

前半を0-0で折り返し、迎えた後半9分、相手ゴールほぼ正面からのFKが壁にあたり、そのあと、ミキッチにボールが渡るとすかさずゴール前にロングクロス。

これをGK川浪が目測を誤り中途半端にチャージしてスルー…。すると、ポストに当たって跳ね返ってきたところに倒れこだ川浪の頭があり、オウンヘディングシュート!?の形になってラッキーゴールとなった。(記録はミキッチのゴール)

川浪は2014年、徳島ヴォルティス時代にJ1リーグ戦に1試合だけ出場。アルビレックス新潟に移籍した昨季はリーグ戦出場ゼロでこの日が2戦目。

もうひとつ動きの悪かったサンフレッチェ広島は、この1点でゲームの流れを引き寄せ、30分以降は、戸田、森崎和、ウタカに代えて清水、丸谷、皆川を投入。そのたびに連動性が増して、最後は完全にサンフレッチェ広島ペース。そのまま無失点で逃げ切って前節、4月10日のアウェー鹿島アントラーズ戦、1-4負けのショックを払しょくした。

なお、サブメンバーの佐藤寿人は出場しなかった。

サンフレッチェ広島は20日、アウェーで行われるACL、山東魯能(中国)戦に向け、強行日程が続く。ACL1次リーグ突破へは勝ち点3は絶対必要で遠征メンバーの顔触れも注目される。

試合後のアルビレックス新潟・吉田監督はGK川浪について質問されて…

硬さは見えました。でも前半、ピーター・ウタカのシュートも止めました。気合い、気持ちは十分、出ていました。セカンドキーパーとしてベンチにずっと居て、ピッチに力送ってくれていました。運、不運じゃなくこれからの成長に繋げないといけない。きょうマウスに立ったことは僕らも前向きですし、彼の向上を望みたい。

 

試合後の森保監督(要旨)

きょうは平日金曜日のホームゲーム、午後7時30分からでしたがサポーターのみなさんに勝利を届けることができ、みなさんに何より感謝したいと思います。

厳しく難しい試合になりましたが選手たちがタフに粘り強く相手の流れの時によくしのぎ、結果的にはオウンゴールでしたがミキッチのクロスがゴールに繋がりました。(記録は試合後に訂正されミキッチのゴール)自分たちの思どおりの展開はほとんどない。きょうのような試合をモノにしてこその上位がある。理想は我々がボールを持って…ですが、こういう劣勢の展開でもしぶとく勝っていく。

(第1節以来、6試合ぶりスタメン出場の森崎和について)試合に飢えて、その気持ちを表現してくれました。選手みんなが食らいついていく魂を見せてくれましたがその先頭に立ってくれました。

(ハードスケジュールの中山東魯能戦に向けて、連戦では)運動量、スピードでギアが上がらない中でも、90分プラスロスタイムの時間をうまく使い、揺さぶりゴールを奪って先行逃げ切り、守り切る。アウェーの難しい試合、そこで勝って次に繋げられるようにしたい。

(熊本地震について)大きな地震で多数の被害が出て、大切な命が失われてしまいました。亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。試合前、少しでも力になればと義援金働きかけをさせていただきました。チームとして被災された方々に寄り添いたいという思いですし、被災されたみなさんの日常が少しでも穏やかなものになることを願っています。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内