地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島優勝確率ゼロ、ヤクルト打線の猛攻止められず延長十回12失点、2010年、緒方野手総合コーチ時代にも…
2019年04月10日
編集部編集部

広島優勝確率ゼロ、ヤクルト打線の猛攻止められず延長十回12失点、2010年、緒方野手総合コーチ時代にも…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
緒方監督
  • 3

    レッドヘル

  • 2

    ダグ

  • クヌギ

広島は4月10日、マツダスタジアムでのヤクルト2回戦で延長十回に12失点、3対15というにわかには信じがたいスコアで大敗を喫した。開幕から4カード連続の負け越し。長い日本プロ野球の歴史でセ・パ分裂後に同条件で優勝したケースはない。また延長での12失点も史上ワースト。

緒方監督は3対3の九回、守護神の中崎を起用。ここはきっちり3者凡退だった。が、イニングまたぎとなった延長十回、エラーも絡み2失点。一死を奪っただけでなおも満塁のピンチで指揮官は中田にスイッチしたが、そこからスリーアウトになるまでに打者10人の猛攻を受けた。

広島に乗り込んできてから繋ぎの意識がありありとうかがえるヤクルト打線ではあったが、これほどとは…

緒方監督は2009年に現役を引退。翌2010年には一軍野手総合コーチになったがこの年、8月25日の阪神戦(京セラドーム)では8対12の八回に登板した梅津がひとりで45分間投げ続け10失点。22得点は阪神の球団記録で、当時の野村監督は会見を拒否した。

一方、この日の延長十回も中崎、中田で延々46分間も投げ続けた。途中で午後10時を回り鳴物応援はなくなっても、スタンドのファンからはアウト一つを取るための拍手、声援が止むことはなかった。

延長十回表振り返り(携帯サイト田辺一球広島魂、試合速報より)

・中崎続投!

・中村、フルカウントまで見てきた、乾いた打球音でヒット…

・荒木、バントしてファウル、またバントファウル、バスターに切り替えてファウル、一ゴロで松山セカンへ投げるがこれが逸れてエラー

・無死一、二塁で太田の代打・上田、バントはファウル、バントで中崎からサード曽根へ…アウト!

・一死一、二塁で青木、ファウル、ストライク、センター前ヒットで満塁

・2ストライクからヒットは痛すぎる、そして山田哲人、初球ボール、2球目ニゴロ菊池弾いた、ホームに投げたが間に合わない、エラーで勝ち越し点

・満塁でバレンティン、2-1からボールでスタンドざわめく、ファウル、引っ張らない、右打ちタイムリー

・中崎交代だ、中田廉

・一死満塁で雄平、センター前2点タイムリー、静まり返るマツダスタジアム、午後10時だがこんな空気は異様

・西浦、快音、センター頭上、エンタイトルツーベースで8点目

・なお一死二、三塁で村上の代打・大引、ニゴロ菊池の送球バックホーム逸れてエラー、9点目

・一死一、三塁で打者一巡・中村、ボールカウント2-2、中田廉懸命に投げる、スタンドから拍手と声援、しかし三遊間抜くタイムりー、ヤクルト各打者の打球音が繰り返し響く、中村4安打

・7点取ってなお一死一、二塁、アウトカウントが増えない…

・荒木、また快音響く三塁線鋭く抜けて行って河田コーチが腕を回す、2者生還

・一死二塁で上田、とうとう一死も取れないまままた上田にもどってきた、ワンアウトは太田のバント封殺だった、今度も上田ニゴロで二死三塁

・代打・塩見、初球抜けて死球

・二死一、三塁で山田哲人、2ストライク、ボール2つで2-2、フォーク振らないフルカウント、またスタンド声援、6球目アウトローにボールだ、四球

・二死満塁

・田代、ストライク、2球目また乾いた打球音、センター超えて走者一掃三塁打

・雄平、レフトフライでスタンドから拍手…スリーアウト

・この回46分

(ひろスポ!・田辺一球)

ひろスポ!関連記事
カープペアチケットなど当たる!応援キャンペーン、カンプリ広島大手町店
hirospo.com/pickup/55618.html

 

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内