地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > JTサンダーズ広島、去年3戦3勝のテクト戦で今季初黒星、スタメン起用だった陳建禎選手ベンチアウト~ちゃこのVプレミアレポ
2019年11月09日
ちゃこ

JTサンダーズ広島、去年3戦3勝のテクト戦で今季初黒星、スタメン起用だった陳建禎選手ベンチアウト~ちゃこのVプレミアレポ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JT
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

リードを許してベンチはこの表情…

2019-20V.LEAGUE Divison1 MEN、レギュラーラウンド・第1レグ第5戦
11月9日(土)福岡県北九州市・北九州市立総合体育館
vs  ジェテクトSTINGS


ベンチ入りメンバー

ここまで全勝同士の対決となりました。去年は、3戦3勝だったテクト戦。今年は、カジースキ選手の復帰や、アジア枠で中国のラオ選手(MB)を獲得したり、東レから伏見(MB)が移籍したり、と戦力が拡大し、予想が立たないジェイテクトとの1戦。結果は…

18-25
25-23
23-25
23-25

セットカウント1-3で今季初黒星。順位は3位に後退です。

スターティングメンバー
OH:山本将平、武智
MB:小野寺、安永
OP:トーマスエドガー
S:深津
L:唐川

ベンチ入りメンバーが、大きく入れ替わり、Out陳、金子、中島、吉岡、海

なんと、シーズン開始からスタメン起用だった、陳建禎選手がベンチアウト。S金子選手がout で、合田選手がin。これは、作戦というよりも、何か起こったのかな、と思いました。陳選手、会場には来ていました、アップも一緒にやってました、途中まで。

会場で、間近に見ていると、決まった時の西田選手(テクト)のスパイクの角度や、カジースキ選手に何本もサービスエース取られたり、トム選手が何本もシャットアウトされたり、とか、やられたぁというマイナスイメージが増幅して感じました。

でも、試合を振り返って、冷静にスタッツを見ると、意外と、トムのアタック決定率は低くなかったりした。

でも、相手が、西田&カジースキに均等にトスを振っているのに対して、JTの方はトムにトスが集まりすぎ。昨季のお返し、とばかりに、トムを徹底マークするブロックに、結構やられてしまいました。

こっちもサーブで一生懸命殴っていたけど、あっちにも凄く殴られたイメージ。

コートサイドから冷静に見ていると、キャァ〜!と黄色い歓声が上がった西田選手のサーブ(も、ほんとに。サーブもアタックも、全て、打ったら、キャァ〜〜〜!です(苦笑)。アイドル顔負け。W杯効果、恐るべし。)も、唐川選手やショーヘイ選手が懸命にあげてましたし、結構いいレセプションだったですよ。そりゃ、エースも取られましたけどね。


西田選手のスパイクをブロック


エドガーのスパイクが3枚ブロックの間をすり抜ける

唐川くんがLに定着した今シーズン、チーム全体で、1本目は高く上げるように徹底して全体のリズムをとっているのかな、と思っていました。今日は、気持ち的に焦っているのか、パスが短めなってしまうことが多かったように思いました。その分、トスも、低くてニアになってしまっていた。

やられたら、やり返したくなるのは心情だけど、その気持ちの「荒れ」が、ちょっとした狂いと生じていたんじゃないのかなぁ。ブロックはシャットすることが目的ではない、と思うけど、あれだけ派手にシャットされると、こっちもやりたくなるもんね。

これまで試合より、少し、ブロックのしつこさ&フロアディフェンスの関係性が、悪かったのかな。でも、気持ち良く決まっ位場面でも、ブロックやレシーブに触られていることが多々あって、相手OP西田くんは気持ちよくは無かったみたいですよ。顔が雄弁に語ってました。

やっている方向性に、間違いないのですから、やはりプレーの精度を維持していくしか、方法はないですね。トムも、テンポが良くて十分な高さとネットからの距離が抜群なトスでは、相手コートに力強くぶち込んでましたし、心配ないとおもいます。

第1セット、相手の「オリャ!オリャ!!」とガンガン攻めてくる感じに、受け身になってしまい、かなりて点差が開いていて、リリーフサーバーで合田選手を起用。ここが面白かったですね。久しぶりにブレイクできました。


途中出場の合田選手のサーブ

ラリーの中で、後衛から、合田選手の美しい二段トス、十分な高さとネットまでの距離も抜群!トムが水を得た魚のように、ドバッとスパイク!いやー、いいもの見た。金子くん、みてるか〜?!と、心の中で、金子くんを呼びましたね(笑)。

第1セットを、呆然としてるうちに取られて、第2セットは、劣勢を逆転して取って、…第3セットは、リードしていたのに、ひっくり返されて、失った。返す返すも、キモの、第3セットを取れなかったことが痛かった。

サーブのミスもある程度があるもんだ、と思っているけど、ここはミスしちゃダメ、って瞬間はあると思う。この第3セットはことごとく、そんな場面でサーブミスがあり、ブレイクを逃すことが多過ぎた。ここは、なくしていける部分だよね。

去年は劉くんのレセプションをみんなで支えながらシーズン出発していたのを、陳さんに支えてもらってたんだなぁ、と、今年の開幕4戦を、改めて振り返ってしまいました。支えてもらっていることに感謝。早くの復帰待ってます。

外国人枠やアジア枠で、日本以外の国でナショナルチームに所属してる選手たちが、一緒にコートの中に居る、ということが、チームのプレーレベルが上がっていく布石になる、と、ほんとに思います。

今日の試合で得たものは大きかったし、差は、少しの部分だと思う。たら、れば、を言えばキリがないけど、第3セット取っていれば、勝利は見えていた、と思います。前を向いて、まだ、試合は続きます。

サーブ&ブロック、フロアディフェンス。

チーム一丸で、守って、攻めて。

今日も、行くぞ!

頑張れ!JTサンダーズ広島!(ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内