地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > サンフレッチェ広島新社長に「基町」がホームタウンの中国放送出身、仙田信吾氏報道、新サッカースタジアム”アシスト”へ
2019年12月11日
編集部

サンフレッチェ広島新社長に「基町」がホームタウンの中国放送出身、仙田信吾氏報道、新サッカースタジアム”アシスト”へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基町
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は広島市中区基町にある中国放送前からの風景、木々の向こうの右手の建物が基町高校、正面に基町高層アパート群、その左手に画像では確認できないが中央公園がある。

サンフレッチェ広島の新社長について、12月11日付の中国新聞が報じた。

サンフレッチェ広島は12月10日、山本拓也社長の退任を発表したばかり。

サンフレッチェ広島の新社長に就任するのは広島県府中市出身の仙田信吾氏。現在は中国放送関連会社のRCCフロンティア会長。65歳になる来年が”一区切り”となる流れになっていた。

松井市長と同じ基町高校出身。中央大学法学部を卒業後、1978年に中国放送に入社。報道畑を歩み、カメラも回すなど現場取材で手腕を発揮した。

営業部門に移ってからは、地元企業との繋がりも深まり、東京支社を経て同局の経営陣に名を連ねた。2017年6月にRCCフロンティア社長に就任。今年、6月会長職に。

中国放送時代も含めて「基町」をホームとしてきた仙田氏にとって、新サッカースタジアム建設予定地の中央公園は”庭”のような存在。ただし、広島スポーツ、サッカー、Jリーグとの関係は未知数…また”他局”のリアクションも気になるところ。

2024年2月の共用開始を目指す新スタジアム完成までの4シーズンで、低迷する集客数を確実に伸ばし、スタジアム建設へ向け地元企業からの”アシスト”をいかに引き出せるか、が注目される。

ひろスポ!関連記事
サンフレッチェ広島、2019シーズン入場者数17位で社長交代へ、新サッカースタジアム完成までの4年間で1試合平均20,000人の集客力を!(2019年12月10日掲載)
hirospo.com/pickup/61756.html

サンフレッチェ広島「感謝の夕べ」で久保允誉会長「2024年の開幕に何とか間に合えば…」と発言、湯崎知事はたったひと言…新サッカースタジアム(2019年12月9日掲載)
hirospo.com/pickup/61749.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内