地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 神宮球場、ヤクルトとのオープン戦で広島は薮田が先発、一番・長野二塁打も二回で降雨ノーゲーム
2020年03月10日
編集部

神宮球場、ヤクルトとのオープン戦で広島は薮田が先発、一番・長野二塁打も二回で降雨ノーゲーム

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
薮田
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は薮田投手

 

広島は3月10日、神宮球場でヤクルトとのオープン戦に臨んだ。

試合は初回にピレラの適時打と鈴木の犠飛で広島が先制。しかしプレーボール当初からの雨脚が強まり二回終了時点で降雨ノーゲームとなった。

スタメン
レフト長野
サードピレラ
センター西川
ライト鈴木
ファースト松山
セカンド菊池涼
ショート田中広
レフト野間
キャッチャー石原慶
先発は薮田

ヤクルト先発のスアレスに対して広島は初回、先頭の長野がファーストストライクを振り切り左中間フェンス直撃の二塁打。ピレラも右中間に適時二塁打。さらに西川が一ゴロでピレラをサードへ進めて、鈴木がセンターへ犠飛を上げた。

二回の広島の攻撃は、菊池涼が三ゴロ、田中広が投ゴロ。野間はフルカウントからの内角球に詰まりながらも左前打。石原慶は真っすぐを見逃して三振だった。

先発陣の頭数が足りない広島にあって、注目された薮田の立ち上がり。先頭の坂口・遊ゴロ、二番の山田哲は左飛、三番の青木は遊ゴロ。

投球間隔を極めて詰めたハイピッチ投法で初回9球で3つのアウトを奪った。

二回は故障明け、実戦初打席の四番・村上捕邪飛。

続く塩見にはボールカウント2-2から三塁戦を抜かれる二塁打を許したが、雄平・左飛、エスコバー・遊ゴロ。

ひろスポ!関連記事
速報!沖縄キャンプ、広島最終日の練習メニューに石原貴、矢崎、薮田、アドゥワの名前なし、早朝沖縄市から移動、仕上げの練習と手締めで打ち上げなのに…(2020年2月26日掲載)
hirospo.com/pickup/63973.html

6回6四球の薮田、ソトに同点弾を浴びたそのあとに課題、打線は今永をとらえ切れずDeNAまで3・5差に(2019年9月1日掲載)
hirospo.com/pickup/58725.html

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内