地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 2020「広島の夏」最終章は強打の天理相手に宇多村監督の広島新庄4-2快勝で幕―甲子園高校野球交流戦
2020年08月12日
編集部

2020「広島の夏」最終章は強打の天理相手に宇多村監督の広島新庄4-2快勝で幕―甲子園高校野球交流戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
宇多村監督 迫田
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は迫田守昭前監督と宇多村聡監督(右)

 

2020年甲子園高校野球交流試合第2日。第1試合に登場した広島新庄が天理に4-2で勝って、特別な夏、2020年唯一の甲子園ゲームで広島野球の強さを歴史に刻むことができた。

NHK地上波とBS朝日で中継されたこの試合。3月末に広島新庄の監督を退任した迫田守昭前監督は広島市内の自宅でテレビ観戦した。

広島県の夏の独自大会に優勝した広島商、その準々決勝で広島新庄に9-8のスコアで競り勝った広陵ほか、高校球児や関係者も固唾をのんでこの一戦を見守ったいたに違いない。

広島新庄の野球は広島高校野球のみんなで作り上げてきたものだ。それが、今夏の奈良独自大会の優勝校で春夏3度優勝の天理相手にどんな戦いを見せてくれるのか、と…

広島商時代の恩師からバトンを受け継いだ宇多村聡監督にとっても甲子園初采配。だからだろう。ベンチではゲーム前から笑顔が見られた。やるからには有意義に。甲子園はあっという間に終わる、と聞いてきたからその神経は研ぎ澄まされていたはずだ。

天理を率いる中村良二監督は近鉄、阪神でプレーした内野手出身の指導者。当然、打力の天理には磨きがかかる。

だが、両者のちょうど2時間の対戦のあと、中村良二監督は潔く負けを認めるコメントを口にした。それは次のようなものだった。

「ほんとに調子も悪くなかったですし、心身万全の状態で来れたんですけども、まあ新庄さんの方がしっかり野球をされて、うちの弱点というかそういうところを突かれて、一桁の安打っていうのが公式戦でうちがほとんどなかったので、それが6安打ってことは相当研究されてここに来られたと思うので…脱帽です」

「やっぱり配球ですかね?バッターがフルスイングさせてもらえなかったと言いますか、繋がらなかったこともあるし…。うーん、何度かチャンスを作ったんですけども、秋田くん、秋山くんがしっかり抑えて打点が取れなかったのでそこですかね」

天理打線は一番の下林主将が5本塁打、クリーンアップも2~3本塁打。身長も体重もある打線は強打でセンバツ切符を掴んでいた。

初回、そんな打線を相手に秋田と賀谷のバッテリーは内外角を突く巧い攻めで”入り”に成功する。

下林を投ゴロ、二番山元に中前打されても、三番川西は左対左の外スラで空振り三振、四番山地との勝負は避けて五番川村を遊ゴロに取った。

二回は新庄バッテリーにミスが出て1点を先制された。

序盤3回で5四死球と不安定だった天理の先発右腕、庭野を広島新庄打線は四回につかまえる。

八番賀谷の送りバントのあと、九番秋田が適時内野安打してまず同点。さらに2年生で一番を打つ大河の犠飛で勝ち越した。

ところがその裏、タイムリー暴投が出て試合は振り出しに。それでも五回、第1打席死球、第2打席右前打と大当たりの六番明光が適時二塁打して3-2と再びリードした。

秋田は六回のマウンドへ。二死から二塁打と四球で一、二塁のピンチ、ここで天理で最も怖いバッター下林を迎えたが外のボールですぐに1-2と追い込み遊ゴロに仕留めて見せた。

七回のマウンドには秋山が上がった。昨秋、チームにセンバツ切符を引き寄せる原動力となった2年生。甲子園で振り切る左腕は外連味のないものになった。

球の力は秋田以上。この回の天理打線は二番からだったがボール球が先行する秋山のその立ちあがりをとらえきれず、点差が2点となった八、九回も四球の走者を出すのが精いっぱいだった。

終わってみれば下林は投ゴロ2つを含む内野ゴロ4つと1三振。さらに天理のクリーンアップは計13打席で七回に秋山から山地が放った中前打1本に終わった。その山地も秋田との第2、第3打席の対戦では内角攻めにきりきり舞い、で連続三振に終わっていた。

対する広島新庄打線は大河が八回の適時打を含む3の3で1四球1犠飛。四番の杉井は五回までに死球、四球、四球と全部出塁して1得点。

それに明光のバットや4度の送りバント成功を絡めて”らしい”攻撃を中盤から終盤にかけて展開した。

天理との貴重な試合で学んだものは、大河や秋山が新チームに引き継ぎ、またすぐに新たな挑戦も始まる。

甲子園でマイクを向けられた宇多村聡監督が残したコメントは、ほんの2日前に広島チャンピオンとなった広島商の荒谷忠勝監督がすべての人々に「感謝」したその言葉と見事なまでにオーバーラップしていた。

宇多村聡監督の話

「非常に選手に助けられて、最終的に勝つことができて幸せです」

―投手をスパッと代えました。

「やはり県大会も含めて秋田もしっかり頑張っていましたし、秋山もしっかり頑張っていましたのでふたりの投手で何とか勝ちに繋げていけたらなと思っていました」

―春からいろいろなことがあったのでは?

「そうですね、最後の最後、こういう機会を関係者のみなさまにいただいて、選手たちも大変喜んでおりますし、またこれからの人生に繋げていける甲子園になったかと思います」

―選手たちにはどんな言葉を?

「よくやったのひと言ですね、ありがとうございました」

ひろスポ!関連記事
特別な夏みんなの願いが叶い大会終了!広島チャンピオンを決める一戦は広島商が広陵を圧倒、しかし勝敗を分けたのはバント攻撃と…(2020年8月9日掲載)

センバツ史上初の中止決定、広島新庄の迫田守昭監督「残念な気持ちを糧に、今後に向けて何とか頑張ってもらいたい」(2020年3月11日掲載)

広島新庄の主将・下が同点2ラン、1年左腕の秋山も168球熱投、しかし延長で倉敷商に敗れ決勝進出ならず、高校野球秋季中国大会(2019年11月2日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内