地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > (加筆済)速報!広島ドラゴンフライズB1デビュー戦で大阪エヴェッサ相手に第3クォーターまでリードも逆転負け、アイザイア・マーフィーいきなり14得点
2020年10月03日
編集部

(加筆済)速報!広島ドラゴンフライズB1デビュー戦で大阪エヴェッサ相手に第3クォーターまでリードも逆転負け、アイザイア・マーフィーいきなり14得点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイザイア・マーフィー
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はアイザイア・マーフィー

 

B1第1節GAME1
広島ドラゴンフライズ  83-94 大阪エヴェッサ
1Q:22-18
2Q:20-23
3Q:28-24
4Q:13-29
会場 おおきにアリーナ舞洲

【スターター】
広島:#1トーマス・ケネディ、#5アイザイア・マーフィー、#8グレゴリー・エチェニケ、#21田渡凌、#24田中成也
大阪:#2伊藤達哉、#8角野亮伍、#14橋本拓哉、#33アイラ・ブラウン、#55ジョシュ・ハレルソン

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
得点
#8
グレゴリー・エチェニケ22
#1
トーマス・ケネディ15
#5
アイザイア・マーフィー14
#2
朝山正悟13
リバウンド
#8
グレゴリー・エチェニケ16リバウンド
アシスト
#30
古野拓巳6アシスト
◆出場タイム
ジャマリ・トレーラー17:31
トーマス・ケネディ28:51
朝山正悟33:24
岡本飛竜5:15
アイザイア・マーフィー22:49
グレゴリー・エチェニケ33:38
田渡凌18:59
田中成也22:48
古野拓巳15:46
森山修斗0:59


 
大阪エヴェッサ
得点
#14
橋本拓哉18
#2
伊藤達哉17
#0
アンドリュー・ランダル16
#55
ジョシュ・ハレルソン16
#33
アイラ・ブラウン13
#8
角野亮伍11
リバウンド
#33
アイラ・ブラウン16リバウンド
#55
ジョシュ・ハレルソン14リバウンド
#0
アンドリュー・ランダル10リバウンド
アシスト
#14
橋本拓哉6アシスト
#20
合田怜6アシスト
#55
ジョシュ・ハレルソン6アシスト

 

広島ドラゴンフライズは10月2日、アウェーでB1開幕ゲームに臨み前半を42-41で折り返すと第3クォーターも28-24で取って70-65で最終クォーターへ。しかしここで大阪エヴェッサの速い動きに対応しきれず逆転を許したあとはその差を広げられ94失点とB1の洗礼を受けた。

しかし2019-20シーズン、B2で1試合平均87・7点を奪ったオフェンス力はB1の舞台でも通用することが証明された。

グレゴリー・エチェニケ22点、トーマス・ケネディ15点に続いてプロデビュー戦でもあったアイザイア・マーフィーは高い身体能力で見事なレイアップを決めるなど14点。出場タイムもチーム生え抜きの田中成也に並ぶ22:49。

注目のポイントガードには出場タイム18:59の田渡凌と同15:46の古野拓巳。岡本飛竜が二人をバックアップした。

……

第1クォーターの入りで広島ドラゴンフライズは普段着のプレーを披露した。田渡凌が記念すべきB1初ゴールを決めると開始2:31で8-0。大阪エヴェッサの硬さに乗じて主導権を握り、22-18で最初の10分間を戦い切った。

第2クォーターに入っても大阪エヴェッサはパスミスを犯すなどもたついた。岡本飛竜がポイントガードを務めて一時は6点リード。大阪司令塔の伊藤達哉に3Pを決められるなどして追いつかれても田中成也が3Pを返し、グレゴリー・エチェニケとトーマス・ケネディの得点でリードを保ち、スティールからのアイザイア・マーフィーのレイアップなどで42-41として前半を終了した。

第3クォーターはクロスゲーム。58-58となって朝山正悟と田中成也の3Pで64-58に。残り2:00でリードは8点に。70-65で最終クォーターへ。10分耐えればB1初勝利、そしてもちろん鍵はディフェンス。

だが、それが分かっていても最後に相手の巧さとスピードについていけない時間帯が訪れた。

それまで大人しかったアンドリュー・ランダルが個の力で襲いかかってきた。9:35にねじ込まれて70-67。

直後に伊藤達哉のフローターで70-69にされ72-69から開始1:39ではアンドリュー・ランダルの3Pでとうとう72-72に。相手との距離を詰める暇もないまま同点…

そして同2:41でジョシュ・ハレルソンにレイアップを流し込まれ、同3:02にアイラ・ブラウンにダンクを許して72-76。帰化選手のアイラ・ブラウンを含むオン3の大阪エヴェッサを、わずか3分間とはいえフル稼働させたことで、広島ドラゴンフライズの手の中から記念すべき開幕第1勝がこぼれていった。

 

広島ドラゴンフライズ・堀田剛司HC
コロナ渦の中で、こうやってファンの方々の前で試合が出来たことを嬉しく思う。勝ちゲームを作れなかったことは残念だが良い部分、悪い部分は大体分かった。良い部分は継続し、悪い部分は修正し臨んでいきたい。明日、切り替えて頑張りたい。

同・朝山正悟選手
非常に悔しい試合をしてしまった。もったいない試合展開になった。原因は途中まで自分たちがしっかりやれていたこと、遂行できていたことが最後、個になってしまった。オフェンスでもディフェンスでも最後まで徹底ができず、我慢しきれなかったところ。やはりB1の舞台で戦うにはそういったところを40分間出来るように、出来ない時間帯も当然出てくるがそこをやりきらないと最後勝ちには繋がらない。そこはしっかりと切り替えて頑張りたい。

同・田渡凌選手
悔しいです。だが、たくさん学ぶことがあった。大阪はBリーグの中、特に西地区でもトップクラスのチームだが、その相手に終盤までもう少しのところまでいけた。明日はやり返したい。

同・田中成也選手
やはり課題であるディフェンスの部分で90点取られてしまったところが自分たちが負けた原因だと思う。ただ、通用する部分がしっかりと見えたことは明日に向けての自信になり、明日勝つためにやるべきことは今日やられたことだと思う。収穫のある試合だった。

大阪エヴェッサ・竹野明倫HC代行
勝てて良かったです。83点はちょっと多すぎるので明日は気を引き締めてやりたい。

同・伊藤達哉選手
広島ドラゴンフライズはB2の時から強いチームだと知っていたから逆にチャレンジャーの気持ちで戦った。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内