地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 岡本飛竜、アイザイア・マーフィーら奮起も広島ドラゴンフライズ後半失速で富山グラウジーズ戦連敗…
2020年11月06日
編集部

岡本飛竜、アイザイア・マーフィーら奮起も広島ドラゴンフライズ後半失速で富山グラウジーズ戦連敗…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイザイア・マーフィー
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はアイザイア・マーフィー、中央は田渡凌、その後方にグレゴリー・エチェニケ

 

B1第7節GAME2 (11月6日)
広島ドラゴンフライズ 80-89 富山グラウジーズ
1Q:23-22
2Q:27-20
3Q:18-27
4Q:12-20
観衆:1,536
おりづる賞:岡本飛竜 

【スターター】
広島:ジャマリ・トレイラー、岡本飛竜、アイザイア・マーフィー、グレゴリー・エチェニケ、田中成也
富山:宇都直輝、前田悟、松脇圭志、ジュリアン・マブンガ、ジョシュア・スミス

 【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
トーマス・ケネディ14
ジャマリ・トレイラー12
グレゴリー・エチェニケ12
朝山正悟11
岡本飛竜11
アイザイア・マーフィー10
◆リバウンド
グレゴリー・エチェニケ13リバウンド
◆アシスト
アイザイア・マーフィー7アシスト

◆出場タイム( )はGAME1
ジャマリ・トレーラー21:25(27:04)
トーマス・ケネディ1:53(17:25)
朝山正悟21:46(25:48)
岡本飛竜24:49(11:31)
アイザイア・マーフィー38:14(29:37)
グレゴリー・エチェニケ34:49(35:31)
田渡凌15:11(19:35)
田中成也20:00(20:54)
古野拓巳0:00(9:18)
荒尾岳1:53(0:00)
森山修斗0:00(3:17)

 

富山グラウジーズ
◆得点
ジュリアン・マブンガ20
ジョシュア・スミス19
リチャード・ソロモン14
松脇圭志14
宇都直輝13
◆リバウンド
リチャード・ソロモン12リバウンド
ジュリアン・マブンガ8リバウンド
◆アシスト
ジュリアン・マブンガ10
宇都直輝 6アシスト

 

GAME1で「個のプレー」に走り97失点した広島ドラゴンフライズが、東地区強豪の富山グラウジーズ相手にいかに”80点勝負”に持ち込むことができるかが注目されたGAME2。GAME1を約500人上回る1,536人が詰めかけた一戦は、しかし惜しくも逆転負けとなった。アイザイア・マーフィーは自己最長の出場タイム38:14で10得点7アシストだったが、得点源のグレゴリー・エチェニケが12点に封じられたのが痛かった。

GAME1では大量リードを許した第1クォーター。大事な入りを23-22で乗り切ると、第2クォーターも朝山正悟の3ポイントシュートが決まって流れを作り最大13点リード。27-20とゲームの主導権を譲らなかった。GAME1は前半で51失点。そこを前半50‐44だから理想的な展開だった。

ところが勝負どころの第3クォーター開始から2分半でチームファウル5となり、富山グラウジーズに確実にフリースローを決められて流れを手放すことに…。インサイドのジョシュア・スミスも止めることができず、このクォーター11得点を許して、第2クォーターで奪った27得点をまるまる奪い返された。

1点ビハインドで迎えた第4クォーターは相手のゾーンディフェンスの前にターンオーバーから失点する悪い流れを断ち切れず、12得点止まりだった。前半のリードを守りきれずに相手のペースに引き込まれる。B1では当然ながら簡単には勝たせてくれない。それが勝率8割を超える相手ならなおさら…だろう。

 

広島ドラゴンフライズ・ 堀田剛司HC
今日勝つために、(富山の)マブンガをどう抑えるかに焦点を当てていた。(マブンガを)4点に抑えた前半は、チーム皆で守る意識があった。しかし後半、トレイラー、エチェニケがファウルトラブルになったところから悪い流れになってしまった。昨日は大敗したが、選手たちは切り替えて今日のゲームに勝つという気持ちで臨んでくれた。昨日より成長できたところがあるので、今後に繋がると思う。次は水曜日にアウェイで京都との対戦だが、絶対に勝たないといけない。なかなかB1で勝っていくことは厳しいが、チーム全員でのオフェンス、ディフェンスが継続できればもっと良いチームになる。

 広島ドラゴンフライズ・岡本飛竜選手
プレータイムを貰っているので、ディフェンス面はもちろんオフェンス面でもっと自分が起点になりたいと思っていた。今日、積極的に思い切りよくいけたのは良かった。もちろんB1で、B2の時のような勝率は残せるとは思っていない。挑戦し苦戦する中で、とにかくポジティブな力でどうやったらチームが良くなるかということを考えるべき。特に負けが続くこういう時期は、その考え方が必要だと思う。 

広島ドラゴンフライズ・グレゴリー・エチェニケ選手
富山は自分より大きな選手(ジョシュア・スミス)も含めて、ビッグマンにいい選手が揃っているので厳しいゲームになった。自分自身が、序盤からファウルトラブルになってしまったが、それがなければもっと良い試合になったと思う。負けてしまったが、すぐ次の水曜日に京都戦がある。切り替えてチーム一丸となって集中していきたい。

 

富山グラウジーズ・浜口炎HC
前半は広島の勢いに押されて我慢の時間帯が続いた。しかし後半はハーフタイムで修正点を含めチームディフェンスをもう一度機能させようと皆が努力した結果、何とか盛り返すことができた。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内