地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > アウェーで京都ハンナリーズを押し切り94得点快勝の広島ドラゴンフライズ、中2日でエフピコアリーナ福山に東地区首位の宇都宮ブレックス迎えどうか?
2020年11月11日
編集部

アウェーで京都ハンナリーズを押し切り94得点快勝の広島ドラゴンフライズ、中2日でエフピコアリーナ福山に東地区首位の宇都宮ブレックス迎えどうか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フライガールズ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はフライガールズ

 

B1第8節(11月11日)
広島ドラゴンフライズ 94-76京都ハンナリーズ
1Q:26-21
2Q:18-23
3Q:29-14
4Q:21-18
会場:ハンナリーズアリーナ
観衆:967


 

【スターター】
広島:ジャマリ・トレイラー、岡本飛竜、アイザイア・マーフィー、グレゴリー・エチェニケ、田中成也
京都:寺嶋良、満田丈太郎、細川一輝、ベンジャミン・ローソン、デイヴィッド・サイモン

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
トーマス・ケネディ26
グレゴリー・エチェニケ19
朝山正悟18
アイザイア・マーフィー12
田中成也10
◆リバウンド
グレゴリー・エチェニケ15リバウンド
◆アシスト
朝山正悟5アシスト
ジャマリ・トレイラー4アシスト
トーマス・ケネディ4アシスト
グレゴリー・エチェニケ4アシスト


京都ハンナリーズ
◆得点
レイヴォンテ・ライス16
デイヴィッド・サイモン13
松井啓十郎11
満田丈太郎10
◆リバウンド
ベンジャミン・ローソン11リバウンド
デイヴィッド・サイモン9リバウンド
アシスト
石谷聡6アシスト
ベンジャミン・ローソン4アシスト

同じ西地区で2勝の京都ハンナリーズを、3勝の広島ドラゴンフライズが94-76のスアアで押し切りチームの連敗を3で止めた。

京都ハンナリーズは2勝11敗で西地区最下位、広島ドラゴンフライズは4勝9敗で同7位。

第1クォーター。広島ドラゴンフライズはグレゴリー・エチェニケのジャンパーで先制して田中成也3ポイントシュートで続く。相手の速い展開のオフェンスから3ポイントシュート許し、流れを渡しかけたが、グレゴリー・エチェニケのインサイドプレーやトーマス・ケネディの3ポイントシュートでリード。26-21

第2クォーター。広島ドラゴンフライズは田中成也が
スティールからファストブレイクを決めて良い形でスタート。さらにトーマス・ケネディ、朝山のシューター陣が確率良く3ポイントシュートを沈めるが、ディフェンスの甘さを突かれて同点で後半へ。44-44

第3クォーターの広島ドラゴンフライズは相手の
ターンオーバーを確実に得点へつなげる。ディフェンスでもリバウンドを確実につかみ、京都ハンナリーズへセカンドチャンスを与えない。試合の主導権を一気につかんだ広島ドラゴンフライズは73-58で最終クォーターへ持ち込みB1昇格後、40分間ではチーム最多タイの94得点。二桁得点者5人でバランス良く攻めたことが奏功した。

広島ドラゴンフライズは中2日でエフピコアリーナ福山に宇都宮ブレックスを迎える。朝山正悟主将は「途中我慢するところはあったが、ゲーム全体を通してボールもよく動き、自分たちのディフェンスもできていた。次節も同じようなことができればチームとして成長できる」と12勝1敗で東地区首位を走る強敵との貴重な2連戦前の勝利の意義を強調した。

広島ドラゴンフライズ・ 堀田剛司HC
なかなか結果が出ない状況が続く中、今日は最初からディフェンスの強度が素晴らしくよかった。オフェンスに関してもよくない時間帯はあったが、ボールを動かそうとする意識がだんだんついてきていると感じた。チームとして(の攻撃が)よくなってきている。次は(中日と)厳しいスケジュールでの宇都宮戦だが、今日以上のパフォーマンスを見せられるように準備して臨みたい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内