地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 広島ドラゴンフライズ、西地区首位の琉球ゴールデンキングス相手に後半だけなら43-34…
2021年03月24日
編集部

広島ドラゴンフライズ、西地区首位の琉球ゴールデンキングス相手に後半だけなら43-34…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
フライガールズ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島ドラゴンフライズは3月22日、沖縄市体育館で西地区首位を走る琉球ゴールデンキングスと対戦、71-81で敗れた。

B1第27節琉球ゴールデンキングス
広島ドラゴンフライズ71-81琉球ゴールデンキングス
1Q:9-23
2Q:19-24
3Q:21-15
4Q:22-19
会場:沖縄市体育館
観衆:1,447人

【スターター】
広島:トーマス・ケネディ、朝山正悟、岡本飛竜、アイザイア・マーフィー、グレゴリー・エチェニケ
琉球: ドウェイン・エバンス、岸本隆一、田代直希、ジャック・クーリー、牧隼利

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
アイザイア・マーフィー 22点
グレゴリー・エチェニケ 18点
トーマス・ケネディ   15点
◆リバウンド
アイザイア・マーフィー 7リバウンド
グレゴリー・エチェニケ 6リバウンド
チリジ・ネパウェ    5リバウンド
◆アシスト
古野拓巳        5アシスト
朝山正悟        3アシスト
田渡凌         3アシスト

琉球ゴールデンキングス
◆得点
田代直希       14点
今村佳太       14点
岸本隆一       13点
ジャック・クーリー  13点
◆リバウンド
ジャック・クーリー  19リバウンド
ドウェイン・エバンス  8リバウンド
今村佳太        4リバウンド
◆アシスト
ドウェイン・エバンス 4アシスト
田代直希       4アシスト
船生誠也       3アシスト
岸本隆一       3アシスト
牧隼利        3アシスト

 

GAME1は第1クォーター、13-29。その反省を生かして”入り”を意識したはずが田代直希に開始早々から3本連続でスリーポイントシュートを沈められて出鼻をくじかれた。第1クォーターまたしても9-23と出遅れた。

第2クォーターもスリーポイントを効果的に決められて開始3分過ぎには18点差とされた。

が、ここからがGAME1とは違った。パスを回せるところは回し、走れるところは走り、トーマス・ケネディやキレのある動きをキープするアイザイア・マーフィーが果敢に攻めた。この10分間でも19-24と後手に回ったがGAME1のような一方的な展開ではなくなった。

それが第3クォーターの21-15のスコアで証明された。

49-62、13点差で第4クォーターへ。明らかに琉球ゴールデンキングスにも硬さが見えた。GAME1とはコート上の空気がまるで違っていた。

田渡 凌がサイドラインギリギリのボールを体を外に向けたまま”背面投げ”。そこに走り込んだアイザイア・マーフィーの速攻が決まって51-62。その後もアイザイア・マーフィーの勢いは衰え知らずとなり、残り5分39秒、チリジ・ネパウェがジャンプショットをねじ込んで59-65とした。

そこから2分はスコアが動かず。琉球ゴールデンキングスも必死だった。しかし残り2分で72-61となり、ファウルゲームに持ち込んだものの時間を使うことに長ける琉球ゴールデンキングスに軍配が上がった。

 

広島ドラゴンフライズ・■尺野将太ヘッドコーチ
昨日は試合の入りでやられてしまったので、今日はそこを意識して試合に入ったが昨日とは違う展開で、相手に勢いを持っていかれた。だが選手がそこから盛り返してくれて、第2クォーター以降の点差を見れば自分たちがリードしている状況が作れた。結果としては負けたが、西地区最下位(の広島)と西地区上位(の琉球)の力の差以上のものを選手たちがコートで発揮してくれて、次につながる試合ができた。ここまできたらあとは勝ちきるところにこだわって、次戦からやっていきたい。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内