地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 2014年4月7日の広島ドラゴンフライズ”最初の一歩”から悲願のB1参戦までを駆けてきた田中誠也、岡崎修司GMに見送られ仙台89ERSへ
2021年06月15日
編集部

2014年4月7日の広島ドラゴンフライズ”最初の一歩”から悲願のB1参戦までを駆けてきた田中誠也、岡崎修司GMに見送られ仙台89ERSへ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
田中誠也
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は2014年の初代メンバー5人の会見の模様、中央が田中誠也、右端が岡崎修司ゼネラルマネージャー

 

広島ドラゴンフライズは6月15日、田中成也が仙台89ERSへ期限付き移籍することが決まった、と発表した。移籍期間は2021年7月1日から2022年6月30日までとなる。

田中誠也はゼロからスタートした広島ドラゴンフライズの初代大卒メンバー5人の中のひとり。2014年4月7日、広島市中区で会見に臨んだ。初代ヘッドコーチの佐古賢一氏が会見を行ったのはそのあと、6月4日のことだった。

メンバー5人の中のひとりが岡崎修司ゼネラルマネージャーだ。

ともに広島ドラゴンフライズの歴史をここまで支えてきた。

”ふたりの力”もあって、コロナ禍での悲願のB1昇格は成し遂げた広島ドラゴンフライズだったが、現実は予想を遥かに超える厳しさで、B2スリーポイント成功率ナンバーワンの看板も、磨き上げたはずの技術もフィジカルもB1の壁に跳ね返された。

田中誠也の移籍により、来季に向けて日本人メンバーで残るのは新卒2年目のアイザイア・マーフィーと、2015年6月25日に新加入会見した朝山正悟、それに2020年11月に日本国籍を取得したトーマス・ケネディだけになる。

多くの思い出と多くの繋がりを築いた広島を後にする田中誠也は「クラブ創設から今まで本当にありがとうございました。またどこかで成長した姿を見せられるように、これからも精進してまいります。ありがとうございました」のコメントをクラブを通じて発表した。

送り出す岡崎修司ゼネラルマネージャーもその健闘を祈って次のようなコメントを発表した。

「このたび田中成也選手は仙台89ERSへの期限付き移籍の運びとなりました。来シーズンが複数年契約の最終年となっておりましたが、本人とも話し合いを続ける中で、クラブとしても断腸の思いでの決断となりました。広島では代名詞のクイックスリーポイントと足を使ったディフェンスで、チームに厚みを加えてくれました。シーズンごとにプレーの幅を広げ、成長していく姿に、クラブだけではなく、多くのファンが期待をしていました。クラブの立ち上げより在籍し、苦しい時期からB1昇格までの歴史を作った功労者であり、本当に感謝しています。クラブとして田中選手のこれまでの貢献に感謝するとともに、今後のご活躍を心より祈念いたします」

ひろスポ!関連記事
広島ドラゴンフライズ、新人5選手が入団会見(5選手横顔詳細) | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2014年4月7日掲載)

 

広島ドラゴンフライズ、ストリートバスケで拍手喝采!川風の街、七色の光…#2 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2014年5月23日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内