地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 鈴木誠3試合連続ベンチスタートでも広島連敗ストップ!そこでいろいろ考えてみた、もし鈴木誠の32本塁打がなければ中日打線並み?
2021年10月06日
編集部

鈴木誠3試合連続ベンチスタートでも広島連敗ストップ!そこでいろいろ考えてみた、もし鈴木誠の32本塁打がなければ中日打線並み?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
西川 鈴木誠
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は、ともに「四番」を打てる鈴木誠と西川

 

10月6日  〇7―3中日 バンテリンドームナゴヤ
通算51勝65敗11分け
5位変わらず、4位中日まで0・5差、3位巨人まで10差、首位ヤクルトまで17・5差
18時開始・2時間53分、8,438人(愛知県厳重警戒措置下)
相手先発 松葉●6回7安打5失点
本塁打 ―
一番ライト宇草
二番ショート小園
三番ファースト堂林
四番センター西川
五番キャッチャー坂倉
六番セカンド菊池涼
七番サード林
八番レフト正隨
九番ピッチャー九里〇(21試合11勝7敗)6回88球8安打3失点(自責3)
森浦H
島内H
ケムナ
栗林S(45試合1敗29S)

 

広島打線が今季ここまで3勝を献上していた松葉を打ってチームの連敗を4で止めた。これでまた5位と4位の差は0・5。広島先発の九里は11勝目でリーグトップタイ。12試合連続セーブの栗林は30セーブに王手!

 

打線では3の3、打点1さらに2得点の坂倉が光った。今季9度目の猛打賞で、規程到達で打率トップ→打率・296に急降下→打率・311で4位キープ、というところまで戻した。

 

また下半身のコンディション不良が疑われ、3試合連続でベンチスタートとなった鈴木誠は九回、前日に続いての代打出場。ドラフト2位右腕、森のタイムリー暴投をその“顔”で誘発してけっきょく四球出歩き、打率・321のままトップを堅持した。

 

ところで鈴木誠不在のこの日の広島のスタメンに、年数と推定年俸を加えるとこうなる。

一番ライト宇草 2年目1100万円
二番ショート小園 3年目800万円
三番ファースト堂林 12年目3600万円
四番センター西川 6年目6300万円
五番キャッチャー坂倉 5年目1800万円
六番セカンド菊池涼 10年目3億円
七番サード林 3年目600万円
八番レフト正隨 3年目750万円

 

 

宇草、小園、坂倉、林、正隨優弥の5人でちょうど約5000万円。もちろん来季のトータルはアップするがそれでも知れている。ここでは多くは分析しないが、佐々岡監督ら首脳陣も大きな挑戦を続けている。

 

 

なお、これも余談だが中日のチーム本塁打数はリーグ最少の68本。広島のそれは第5位の107本で仮に鈴木誠の32本を減じたなら75本と打てない中日と同レベルまで”パワーダウン“する。(ひろスポ!・田辺一球)

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内