地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > 速報!広島ドラゴンフライズ、2198人満員御礼の広島サンプラザホールで三遠ネオフェニックスに快勝!ホームで開幕4連勝!!
2021年10月17日
編集部

速報!広島ドラゴンフライズ、2198人満員御礼の広島サンプラザホールで三遠ネオフェニックスに快勝!ホームで開幕4連勝!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チャールズ・ジャクソン
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はチャールズ・ジャクソンのフリースロー

 

 

広島ドラゴンフライズは10月17日、広島市西区の広島サンプラザホールでB1第3節のGAME2、三遠ネオフェニックス戦に臨み84-72のスコアで勝って通算成績を5勝1敗とした。ホームでは開幕4連勝!この日の観衆は入場制限下ではマックスの2,198人。

 

 

20クラブ中最下位に終わった2020-21シーズンは55試合を戦って9勝46敗だった。ネオ広島ドラゴンフライズは6試合を消化した時点でその半分以上、という勢いになった。

 

 

アイザイア・マーフィーをケガで欠く広島ドラゴンフライズはメンバーの総合力で勝負。GAME1は全10選手がコートに立ち76-67とディフェンスも冴えた。

 

 

この日は、昨季のチームメイト、田渡凌が相手のスタメンに名を連ねてきた第1クォーターを16-23で奪われた。第2クォーター、20-15で盛り返して36-38で第3クォーターへ入るとすぐに寺島良のカットインから38-38として残り6分あたりから徐々にリードを広げていった。第4クォーターはチャールズ・ジャクソンが持ち味を存分に発揮、辻直人のスリーポイントシュートも効果的なタイミングで2本決まり相手の反撃意欲を削ぎ落した。

 

 

辻直人はこの日チーム最多の28得点、寺嶋良も18得点。チャールズ・ジャクソンは14得点11リバウンドのダブルダブル。(この記事はのちほど加筆します)

 

 

B1第3節GAME2

広島ドラゴンフライズ 84-72 三遠ネオフェニックス
1Q:16-23
2Q:20-15
3Q:24-17
4Q:24-17

 

【スターター】

広島:寺嶋良、朝山正悟、辻直人、グレゴリー・エチェニケ、ニック・メイヨ

三遠:サーディ・ラベナ、ジャスティン・ノックス、松脇圭志、エリアス・ハリス、田渡凌

 

広島ドラゴンフライズ
◆得点
辻直人                   28得点
寺嶋良                   18得点
チャールズ・ジャクソン           14得点

◆リバウンド
チャールズ・ジャクソン           10リバウンド
グレゴリー・エチェニケ           7リバウンド
ニック・メイヨ               4リバウンド
辻直人                   4リバウンド

◆アシスト
寺嶋良                   6アシスト
青木保憲                  5アシスト
辻直人                   2アシスト
船生誠也                  2アシスト
チャールズ・ジャクソン           2アシスト
ニック・メイヨ               2アシスト

三遠ネオフェニックス
◆得点
エリアス・ハリス              19得点
ジャスティン・ノックス           15得点
サーディ・ラベナ              12得点

◆リバウンド
エリアス・ハリス               6リバウンド
ジャスティン・ノックス           4リバウンド
サーディ・ラベナ              2リバウンド
ロバート・カーター             2リバウンド

◆アシスト
津山尚大                  5アシスト
松脇圭志                  3アシスト
サーディ・ラベナ              2アシスト
田渡凌                   2アシスト
山内盛久                  2アシスト

 

 

カイル・ミリングHCの話
「連続しての試合で疲れていて、あまりエナジーが出ていない場面があった。良くはない試合だったが、最後まで戦い抜いてくれた。最後は勝つことがすべて。前半、ターンオーバーが多すぎた。ハーフタイムに、プレッシャーに負けず、自分たちのボールを保持することが一番重要だと伝えた。悪いゲーム内容にもかかわらず、勝てたことは良かった。後半からディフェンス・オフェンスともにリズムができていた。選手個人には、プレーの波をなくしていくように伝えている。京都戦へ向け、ボールを保持して運んでいくことを課題としてやっていきたい」

 

辻直人の話
「(今日の試合の振り返りを聞かれ)相手に簡単な点数を与えるようなターンオーバーをしてしまったことを反省しないといけない。相手のシュートがあまり決まらなかったことは、ホーム戦のアドバンテージのおかげ。前半の内容が良くなかっただけに、後半はシュートを決めたいと思っていた。チームのスペーシングなどミスが目立った。今後どういうプレーをするのか伸びしろだと思う。プレシーズンの時に比べれば、1〜2割良くなっている。相手のディフェンスへの対応力はチーム力につながる。これから経験を積んでいけば息が合っていくし、ターンオーバーも減っていくと思う」

 

チャールズ・ジャクソンの話
「(今日の試合の振り返りを聞かれ)ボールが手につかないゲームだった。その中で全員で戦い続けた結果、勝つことができた。ターンオーバーは改善していきたい。私の仕事はハードにプレーをし、みんなにエナジーを与えること。結果は後からついてくる。チームスポーツなので他の選手の活躍がうれしいし、貢献できれば自信がつく。メインゴールは勝利すること。個人がいい成績を残しても勝てないと意味がない。勝つことを目標としてやっていく。ブースターのエナジーが力になった」

 

三遠ネオフェニックス、ブラニスラフ・ヴィチェンティッチHCの話
「ゲームのアプローチは昨日より良かった。ディフェンス面では、かなりアグレッシブにプレーができ、特に前半はいい形だった。後半はアップダウンのある展開となり、その結果、差を縮めることができず負けてしまった。広島のターンオーバー24は、アグレッシブなディフェンスが効いていた証だが、一方、オフェンスでシューティングのパーセンテージに苦しんだ。この数字では勝つことは難しい」

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内