地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > エフピコアリーナふくやまで広島ドラゴンフライズ3連敗、トータル5連敗で見せ場なし、あすのサンロッカーズ渋谷戦もう勝つしかない…
2021年11月13日
編集部

エフピコアリーナふくやまで広島ドラゴンフライズ3連敗、トータル5連敗で見せ場なし、あすのサンロッカーズ渋谷戦もう勝つしかない…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アビィ
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

モヒカンアビィ(画像)も勝利を祈っている…

 

広島ドラゴンフライズは11月13日、エフピコアリーナふくやまでB1第8節のサンロッカーズ渋谷戦に臨み69-82のスコアで敗れた。

 

広島ドラゴンフライズはあれよ、あれよの5連敗。開幕から下位チーム相手に一時は西地区首位にも立ったが”恐れていたこと”、イコール負け出したら止まらない、の不安材料が現実のものとなった。これで7勝6敗、あすのGAME2を取り返さないと貯金ゼロになる。

 

福山開催も盛況で1,700人を超える入場者があり、ファンの期待とクラブ側の営業意識は高い。

 

問題はオンザコート…

 

第1クォーター。いきなり最大9点ビハインドとなり15-19で終了。第2クォーターも一度も追いつくことなく32-40で前半を終了。

 

第3クォーターでは一時7点差まで詰めたがけっきょく48-65で最終クォーターへ…。はっきり言って見せ場、無さ過ぎ…。ホームでやる試合ではない。

 

天皇杯も含めて過密日程の中、ケガでアイザイア・マーフィーと柳川幹也を欠き9人で戦う非常事態、ではある。相手は”12人がかり”でくるから当然、不利。だが、長いリーグ戦にあって、それは言い訳にできない。

 

数字で見て行くと前後半、スリーポイントが入ったのは辻直人のそれぞれ1本だけ。ディフェンスのではターンオーバーが前半12、後半13で計25。相手はターンオーバー15。大差がついた。

 

サンロッカーズ渋谷は前節まで下位チーム相手に4連勝で勢いづき、この日も危なげない展開で連勝を5に伸ばし10勝3敗で東地区2位。当然GAME2も勝ちを狙って仕掛けてくる。

 

第6節の島根スサノオマジック戦と合わせてこれでエフピコアリーナふくやまだけでも3連敗。GAME2のあと、インターバルがあり12月4日まで試合はない。アリーナを埋めてくれるファンのためにも、もう勝つしかない状況、だ。

 

試合後のコメント

カイル・ミリングHC
フィジカル面でタフなゲームになると予想していた。ゲーム前にもチームに気を付けるよう言っていたが、渋谷の予想以上のフィジカル力とタフさに負けてしまった。今日の負けからいろいろなことを学ぶことができた。明日はしっかりと切り替えて勝てればと思う。

 

辻直人
(今日の試合を振り返ってを聞かれ)渋谷のやりたいベースで、やりたいディフェンスをやられてしまった。こういうアグレッシブに来る相手に対して戦えるようにすることが課題だと思う。個人的にもボールに触る機会を増やしたい。すべてPGに任せていて負担が大きいので、リングへアタックして得点を取っていかないと難しい。休み前ということで明日は全力を出し尽くしたい。

 

ニックメイヨ選手
(今日の試合を振り返ってを聞かれ)タフなゲームになった。24個のターンオーバーは多すぎる。明日は修正し減らしていき、もっとアグレッシブにハードに戦っていきたい。5連敗というのは個人的にもチーム的にも厳しい。気持ちを新たに明日のゲームに取り組みたい。

 

サンロッカーズ渋谷 伊佐勉HC
ディフェンスに関してはすごく良かったと思う。しかし、前半から簡単なレイアップを落としてしまったり、フリースローも多くもらっているのに決めきれていなかったのでおかしなゲームになると思っていた。ディフェンスの強度が最後まで落ちなかったのが今日の勝因だと思う。

 

Bリーグ第8節GAME1
広島ドラゴンフライズ 69-82 サンロッカーズ渋谷
1Q:15-19
2Q:17-21
3Q:16-25
4Q:21-17
入場者:1,702人
おりづる賞:朝山正悟

<スターター>
広島:寺嶋良、トーマス・ケネディ、辻直人、グレゴリー・エチェニケ、ニック・メイヨ

渋谷:関野剛平、ベンドラメ礼生、ジェームズ・マイケル・マカドゥ、広瀬健太、ジョシュ・ハレルソン

 

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
ニック・メイヨ                 18得点
チャールズ・ジャクソン             11得点
寺嶋良                      9得点
グレゴリー・エチェニケ              9得点

◆リバウンド
チャールズ・ジャクソン             10リバウンド
グレゴリー・エチェニケ              7リバウンド
トーマス・ケネディ                5リバウンド
ニック・メイヨ                  5リバウンド

◆アシスト
寺嶋良                      4アシスト
辻直人                      3アシスト
青木保憲                     3アシスト
チャールズ・ジャクソン              3アシスト

サンロッカーズ渋谷
◆得点
ジェームズ・マイケル・マカドゥ         20得点
ジョシュ・ハレルソン              16得点
ベンドラメ礼生                  9得点
マックス・ヒサタケ                9得点

◆リバウンド
ジョシュ・ハレルソン              10リバウンド
マックス・ヒサタケ                9リバウンド
渡辺竜之佑                    3リバウンド

◆アシスト
ベンドラメ礼生                  6アシスト
高橋耕陽                     5アシスト
広瀬健太                     3アシスト

ひろスポ!関連記事
天皇杯終え、Bリーグ再開の広島ドラゴンフライズはどれぐらい強いのか?チーム発足当初から”コートに立つ”メディカルコンディショニングパートナー寛田司CEOに聞く | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2021年11月5日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内