地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > まん延防止等重点措置適用下でのふた晩徹夜のマツダスタジアム、カープ新グッズ販売どうなった?
2022年01月29日
編集部

まん延防止等重点措置適用下でのふた晩徹夜のマツダスタジアム、カープ新グッズ販売どうなった?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダスタジアム
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像はスタッフに誘導されショップに向かう来店者

 

 

マツダスタジアムで1月29日午前10時からカープグッズ新商品の販売が始まった。

 

すでに27日夜からスタジアム正面には徹夜組が出て、28日夕方にはカープ球団職員らが場所取りをしているファンに解散を伝えたが、その1時間後にはまた正面フェンス沿いに並ぶ人たちの姿がった。

 

29日早朝。球団側は若いスタッフも投入して早々に正面ゲートをオープン。検温と消毒を済ませた来場者を階段を導線にしてコンコースに移動させた。

 

マツダスタジアム
手指の消毒をしてコンコースへ向かう来場者、午前9時50分ごろでこの少なさ…

 

…で、どうなったか?

 

ショップオープンのタイミングで集まったファンの数は最終的には百数十人程度。まん延防止等重点措置適用下の広島で市民・県民とカープファンの良識が優ったかっこう。かつての活気を考えれば隔世の感がある。

 

コロナ禍による2期連続赤字が確実視されるカープ球団サイドとしては新グッズカタログを前年の44ページから56ページに増やしてあの手この手での販売促進を目指している。が、全国の感染者数が初めて8万人を超えるという最悪のタイミングでのグッズ解禁は、どう変化するか分からないナックルボールを満振りして大空振りしたような出足となった。

 

なお、ショップオープンの際に正面で取材していたマスコミはわずかに1名だった。(ひろスタ特命取材班)

ひろスポ!関連記事
コロナ感染者広島連日最多も、マツダスタジアム球団事務所午後8時以降も灯り消えず、カープグッズ場所取りファン一度退散、すぐまた行列で「売る方も売る方」「コロナになれば…」の声届く | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2022年1月28日掲載)

 

カープ球団公認?まん延防止等重点措置適用下のマツダスタジアムにまたカープグッズお目当ての徹夜テントが出現 | 【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア (hirospo.com)
(2022年1月28日掲載)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内