地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > サンフレッチェ広島 > Jリーグ野々村チェアマン、広島市役所に松井市長訪ね意見交換のあと「サンフレッチェが日本のサッカーにとって、いろんな思いを抱かせてくれるいい成功例」
2022年05月02日
編集部

Jリーグ野々村チェアマン、広島市役所に松井市長訪ね意見交換のあと「サンフレッチェが日本のサッカーにとって、いろんな思いを抱かせてくれるいい成功例」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
チェアマン
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は、松井市長を挟んで右に野々村チェアマン、左にサンフレッチェ広島の仙田社長

 

 

Jリーグの野々村芳和チェアマンが5月2日、サンフレッチェ広島の仙田信吾社長と広島市役所に松井一実市長を訪ね、意見交換した。あす3日はサンフレッチェ広島と柏レイソルのJ1リーグ戦が開催されるエディオンスタジアム広島に足を運び、そのあと次の訪問地、レノファ山口の山口県山口市へ向かう。

 

野々村チェアマンは3月15日、第六代チェアマンに選任され、同日就任。以来、J1からJ3までの計58クラブを訪ね、各ホームタウンの首長と名刺交換して親交を深めている。

 

野々村 芳和(ののむら・よしかづ)プロフィール、2022年3月15日現在

1972年(昭和47年)5月8日生 静岡県清水市出身(現在は静岡市清水区)
1995年3月 慶應義塾大学法学部法律学科卒業
1995年   ジェフユナイテッド市原(現 ジェフユナイテッド千葉)選手加入
2000年   同クラブから移籍
2000年  コンサドーレ札幌(現 北海道コンサドーレ札幌)選手加入
2001年   同クラブ 選手引退、チームアドバイザー就任
2006年  株式会社クラッキ 代表取締役社長
2013年     株式会社クラッキ 代表取締役社長 退任
2013年  株式会社北海道フットボールクラブ(現株式会社コンサドーレ)
代表取締役社長
2015年  公益社団法人日本プロサッカーリーグ(Jリーグ) 理事(非常勤)
2022年 株式会社コンサドーレ 代表取締役会長
2022年3月 同社会長 退任
2022年3月 公益社団法人 日本プロサッカーリーグチェアマン(理事長)就任

 

野々村チェアマンは松井市長との意見交換のあと、メディアの共同会見で次のように話した。

 

「日本サッカーにとって広島というエリアはある種、特別なところでもあるし、今回サッカー専用スタジアムができるというところでお礼も含めて、引き続きサンフレッチェ並びに広島のサッカーをよろしくお願いします、ということを伝えたくて今回、来ました」

 

「スポーツと平和ということはどのクラブも普通考えていることだとは思うのですが、広島は特別だと思う。それを強く意識し過ぎずとも、この地域からはそういう思いが必ず伝わるはずなので、サンフレッチェを中心にしたサッカーで、世の中をどう楽しく前に進めていくか、この中心地から発信されることを願って期待しています」

 

「今はサッカー専用のスタジアムがどういうスタジアムなのか?というところがすごく重要になってきています。30年、40年前のスタジアムと新しいスタジアム。例えば札幌ではその2つを使っていたようなところがあって、やはり新しいところに人が集まるというのもあるので、スポーツビジネス的にも重要ですし、目の前で一流選手のプレーが、今まで見たことがない角度からも見れますから、見方は変わる、楽しさが増えるのは間違いないと思います」

 

「先ほどビルの上から新しいスタジアムの地理的な雰囲気など見てきました。そういうのを視察するのもちろんですが、地域の人たちがJリーグ、サンフレッチェに対してどう考え、どう思っているのか、もっとこうして欲しいな、みたいなことを実際に聴くことが僕にとっては重要だと思っているので、メディアのみなさんともっと盛り上げていくためにどうしましょうか?というような話ができたらなと思います」

 

「さっきも少し市長の前で言いましたけど、この10年ぐらいで3回優勝しているじゃないですか、あれはほんとにすごいですよ!サッカーの世界は選手、強化にどれくらいお金をかけられるかである程度順位が決まるという中で、広島が勝った時の強化に使ったお金がたぶん今までJリーグで優勝した中でたぶん、圧倒的に少ないと思います。それだけ費用対効果、コストパフォーマンス、サッカーの作り方が巧かったんだと思います。そういうところはもしかしたらサッカーの街だからできたのかな?と思っています」

 

「僕がクラブをやっている時もまだまだコンサドーレはちっちゃかったんですけど、広島があのクラブサイズで勝てる、というのを見るとやっぱりやれるんじゃないかと思えるんですね。それだけサンフレッチェが日本のサッカーにとって、いろんな思いを抱かせてくれるいい成功例だと思います。トップクラブの売上になるには、それはそれでまた別の方法を考えなきゃいけないのかもしれないですけど、今までの存在感はある種圧倒的なものがあるし、J1の中ではもしかしたらまだ中堅クラブなのかもしれないですけど、その中でも異彩を放つ存在で会って欲しいなと思います」

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内