地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > トップス広島 > トムさん陳さんが今シーズンで退団のJTサンダーズ広島、黒鷲旗8強進出!~ちゃこのVプレミアレポ・番外編
2022年05月02日
編集部

トムさん陳さんが今シーズンで退団のJTサンダーズ広島、黒鷲旗8強進出!~ちゃこのVプレミアレポ・番外編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
エドガー選手と平井選手のブロックが決まる
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

トップ画像はパナのスパイクを止めるエドガー選手と平井選手

 

第70回黒鷲旗 全日本男女選抜バレーボール大会
4月30日〜5月5日、大阪府大阪市・丸善インテックアリーナ大阪(大阪市中央体育館)4/30〜5/2 グループ戦
5/3〜5/5 決勝トーナメント戦

 

丸善インデックスアリーナの中の様子
丸善インデックスアリーナの中の様子


大会は第70回を迎えた

 

男女4チーム毎にA〜Dまでのグループに分けて、グループ戦では総当たり戦。上位2チームが決勝トーナメント戦に進む。

JTサンダーズ広島は、男子Cグループ。

パナソニックパンサーズ、富士通カワサキレッドスピリッツ、早稲田大学がCグループ。

 

①グループ戦 初戦 4/30(土)vs早稲田大学
25-22
23-25
18-25
…確かに早稲田大学は、大学チャンピオンなので強いのだが、負けてしまうほどの相手ではなかったはずだが、負けてしまった。(泣)重症。

 

②グループ戦 2日目 5/1(日)vs富士通カワサキレッドスピリッツ
25-21
25-21
スタメン見ると、昨日とほとんど同じだと思ったんだが、どう違ったんだろう。映像を見ないことには分からないや…。

 

③グループ戦 最終戦 5/2(月)vsパナソニックパンサーズ
25-19
25-22
超苦手なパナと同じグループだったので、初戦に勝利することがマストだった。そこで負けてしまった。

しかも、今日5月2日、JTの前の試合で、早稲田大学が富士通に2-0で勝ってしまったので、パナに2-0で勝利すること、2-1ででも勝利して得点をしっかりと取ること、が必要になってしまった。

まぁ…、パナにはパナの思惑があって、主軸をほとんど下げた状態(クビアクはコーチの隣の椅子に座っていて、アップもほとんどせず)で、2-0で勝ってグループ戦突破となったわけだが…早稲田大学的には遺恨が残る感じだった。

※1    パナの思惑もあってグループ戦1位通過となり、明日3日からの決勝トーナメントに進出。準々決勝の相手は東レ。

JTは、トムさん陳さんが今シーズンで退団と決まっているので当然そこへの思い入れも強い。が、対する東レも、現キャプテン(チームに不在だが)藤井への想い、引退する富松・鈴木悠二への想いが強くあるだろう。

想いを込めた戦いが、3日も見れることに対して、本当に感謝。

※2    4月にセッター金子が右膝半月板損傷のOPEをして、現在チームから離れている。ので、この黒鷲旗のセッターは合田さんと新人の阿部くんだ。

負けてしまった早稲田大学戦を録画で観て、あぁ本当に金子くんは足が速かったんだなぁ、と実感した。合田さんが足が遅いと言っているわけではない。

攻撃枚数を増やすこととレセプションをAで返すことをきっちり合わせることって、相手のサーブの強さやスクリーンをガッツリやってくるかこないか等にも左右されるし、どっちかを捨てなければいけないときもある。が、金子くんは足の速さでカバーしていたんだろう。

合田さんと金子くんの身長差は18cm。当然コンパスも差がある。守備陣はそこをチビっと精度を上げてくれ、と思った。

でも、そんなことは、コートの中では微細に調整されていて、富士通戦ではすっかり調整されていて、合田さんのトスの選択肢がしっかり増えていた。

それが、私が見立てた「1戦目と2戦目の違い」。

いつも思うけど、それが、『コートの判断で』調整されている、と思ってる。調整力は現場にあり、だ。

主に、将平、トムが担ってた、と思う。来季以降は、新監督がしてくれるんだろう。やってもらわないと困る。それがフロントの仕事だろう。

※3    原体制は今シーズンと昨シーズンの2期だが、今期急に混迷した感じに見える。

 

欠場の金子選手に替わりセットアップする合田選手
欠場の金子選手に替わりセットアップする合田選手

-身を崩しながらもしっかり上げる坂下選手のレシーブ
身を崩しながらもしっかり上げる坂下選手のレシーブ

山本 西村
リリーフサーバーで出場した西村選手の相手を惑わすサーブ

JTサンダーズ広島
相手の攻撃を防ごうと3枚ブロックを飛ぶ

 

実は昨季もそうだったんだろうが、S深津がコート内参謀として鎮座していたので事が大きくならなかったんだろう。

世代交代(これは必要だと私は思っている。でも、引き剥がした時に痛みが残るような交代は新旧どちらにも傷を残すことになるんじゃなかろうか。チームを出て行ったもの、残ったもの。どちらの傷が深いんだろう。)を急激に進めた上でノープランでは、勝てないだろうよ。今シーズン、新井・坂下で始めたOH対格が、坂下・将平で落ち着いたのも、単に「レセプションが安定」しただけではなくて、【コートの中が落ち着いた】ことの方が大きいんじゃなかろうか。将平さんは頼りになる。カッコいい。

※4    トムが今季で退団する。5年もトムと一緒に泣いたり笑ったりしてきた。トムと一緒に頂点を見たかった。

 

変化を求めたい上層部の気持ちもわからいでもない。でも、ここまでチームを一緒に作ってくれた助っ人OPが居ただろうか?私は知らない。

「トムが決めまくっているチーム」とJTのことを評価する向きが強いが、正確には『トムに決めてもらえるように、流れを持っていって、得点を重ねているチーム』だと思っている。言い方悪ければ最後に決めてくれるのが誰でもいいわけだが、トムに決めて欲しい、トムも俺が決める、WINWINでなければ面白くもなんともない。

新しい人が来て、この部分がうまく行くのか…甚だ疑問だし、不安だ。

亀渕さんは残ってくれるんだろうね?ここ、重要。

※5    多分ファンはみんな思っているんだろうけど、新井くんの使い方が雑過ぎる。新井くんのポテンシャルは坂下くんとは違うベクトルだから、もっと柔軟な頭でコートに出してあげて欲しい。新井くんがセッター対格に入る時にはOP無しでいいんじゃない?

※6    同じく、西村くんの使い方も。実況で「西村、居た!」と言われるほど、航の『気がつけばそこに居る』感が強い彼は、いいリベロになるんだと思う。でも今のJTには、唐川と航がどっしり居る。そういう今だからこそ、彼が後衛にいる時には助走にも入って欲しい。それができない身体的な理由があるのならば仕方ないが、策がないからそうしないだけなら実に勿体ない。

※最後に。

明日3日から決勝ラウンド。負けたら即終了の世界です。コートの中でみんな、自立して戦おう!それしか、今は勝つ道が無い。汚い策を講じるチームには鉄槌を。誠実なプレーこそがファンとコートを繋ぐんだと、そこはしっかりと信じて、プレーしてください!

陳さんとトムさんと、1日でも長くプレーが続けられるように、勝ち進みましょう!

頑張れ!JTサンダーズ広島!!

頑張ろう!NIPPON!!(ちゃこ)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内