地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島新外国人右腕のアンダーソン、両リーグ最多11本塁打の岡本和に真向勝負で満員のスタンドを大いに沸かす
2022年05月05日
編集部

広島新外国人右腕のアンダーソン、両リーグ最多11本塁打の岡本和に真向勝負で満員のスタンドを大いに沸かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
マツダスタジアム
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

画像は満員のマツダスタジアム

 

5月5日〇3-0巨人 マツダスタジアム
通算33試合18勝14敗1分け、首位巨人まで1・5差、2位ヤクルトまでゲーム差なしの3位
14時開始・2時間28分、30,578人
相手先発 メルセデス●6回5安打2失点
本塁打 -

 

一番レフト堂林
二番セカンド上本
三番センター西川
四番ファーストマクブルーム
五番サード坂倉
六番ライト中村健
七番キャッチャー磯村
八番ショート小園
九番アンダーソン〇(1試合1勝)7回82球1安打無失点(自責3)
島内H
栗林S(11試合1敗6S)

 

広島のアンダーソンはコロナ禍で様々な制約を受ける中、二軍戦3試合で調整したあとマツダスタジアムのマウンドへ。結果は7回1安打無失点ピッチングで文句なしのデビューとなった。

巨人先発のメルセデスもテンポ良く投げるため試合時間わずか2時間28分だった。

 

巨人打線は五回までパーフェクトに抑え込まれ、しかも7三振。序盤3回は150キロ前後の真っ直ぐに押され、四回からはカーブ、チェンジアップ、スライダーを交えての投球に手こずった。

 

唯一のチャンスは六回、先頭の大城がチェンジアップをセンター前に持って行った六回。しかし、プロ2年目で初スタメンの中山がうまく送りバントを決めたあと、メルセデス三ゴロで二死三塁となって、香月は一ゴロ。七回は二番からの攻撃を8球で封じられた。

 

米国ネバダ州出身の28歳右腕はメジャー通算19試合で1勝3敗だが、上体の力に頼らず下半身を使ってボールを前で放す投球フォームはかなりの数字を期待できそう。前日、11号3ランを九里から放った岡本和は、3球三振(空振り)のあとライトフライ2つ。いずれも勝負球は真っすぐだった。

 

お立ち台では満員のスタンドに向けて「カープファンが一番じゃけえ!」と流暢に話したが、それも含めていろいろとこの日のために準備してきた証拠。

 

趣味はベスト77のゴルフだが、この日の投球はグリーンから逆算するゴロフに通じるものがある。今季3度目のスタメンマスクとなった磯村と、相当、巨人打線を研究しての快投劇ではあったのだろうけれども、次回登板ではどんな投球を披露してくれるか…
(ひろスポ!田辺一球)

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内