地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > 各種競技スポーツ > 仁川アジア大会閉幕、ソフトテニス団体男女とも銀メダル 、東京五輪控える日本はアジアで大苦戦
2014年10月04日
編集部

仁川アジア大会閉幕、ソフトテニス団体男女とも銀メダル 、東京五輪控える日本はアジアで大苦戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

仁川アジア大会 最終日。

仁川アジア競技大会 が10月6日夜の閉会式で16日間に及ぶ大会を終えた。中国の金151、金銀銅342をトップに開催地韓国が金79、3メダル合計で234、日本はそれに続く金47、3メダル合計200だった。

かつて金メダル数でも3メダル合計でも”独走”だった日本はこのところずっとアジア3番手に甘んじているが、金メダル28のカザフスタン、金メダル21のイランの猛追撃を受ける形となり2020年の東京五輪を見据えて明るい材料はあまり見当たらない。

最終日にはソフトテニス団体男女が行われ、ともに広島関係の選手が「いい色のメダル」を目指してチャレンジしたが男子は0-2で、女子は1-2で決勝の相手韓国に敗れ、銀メダルだった。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内