地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > ピックアップ > 広島ドラゴンフライズ、宿敵・熊本ヴォルターズ相手に連日の大量失点で遠のくワイルドカード
2018年01月22日
編集部編集部

広島ドラゴンフライズ、宿敵・熊本ヴォルターズ相手に連日の大量失点で遠のくワイルドカード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
保田尭之ヘッドコーチ
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

広島ドラゴンフライズに連勝した熊本ヴォルターズ・保田尭之ヘッドコーチ(トップ画像)

B2第16節GAME2 熊本ヴォルターズ戦(1月21日、熊本県立総合体育館)

広島ドラゴンフライズ76-88熊本ヴォルターズ
1Q:15-27
2Q:26-20
3Q:15-21
4Q:20-20
入場者数:1605人
シーズン成績:16勝14敗(B2西地区4位)

【スターター】
広島:#7坂田央、#11北川弘、#24田中成也、#36仲摩匠平、#42ケビン・コッツァー
熊本:#1中西良太、#2古野拓巳、#7小林慎太郎、#8ジョッシュ・ドゥインカー、#11福田真生

熊本ヴォルターズは2017年12月、7勝4敗と失速気味になった。負け試合の得点は…
66点(ライジングゼファー福岡戦)
79点(福島ファイヤーボンズ戦)
71点(香川ファイブアローズ戦)
69点(仙台89ERS戦)

…よって広島ドラゴンフライズは熊本ヴォルターズの攻撃を70点以下に封じないと勝てないことになる。第3節でもそうだった。

熊本に乗り込む前に、ひろスポ!ではそう記した。

前日のスコアは86-97。第2戦は76-88。

繰り返しになるが70点以下に相手を封じていれば2連勝だった。だが、それは机上の空論に過ぎない。やはり大きなものを背負っている熊本ヴォルターズは手ごわい。連敗は痛すぎる。2位につけるライバルの背中が遠のきゲーム差は5となった。

このレギュラーシーズンの結果によりB2各地区の1位クラブおよび、その各地区の上位1位クラブを除いた15クラブのうち上位1位クラブ(ワイルドカード)がプレーオフに進む。そのため広島ドラゴンフライズとしては熊本ヴォルターズを抜き去って西地区2位になることがB1昇格への第1条件となる。

だが、第1クォーターで27点を奪われてはゲームプランが最初からガタガタになる。ゲームへの入りで大差がついた。第2クォーターではクリント・チャップマンが16得点と奮起!しかし第3クォーターでは逆に攻撃を封じられ15得点止まりだった。

【主なスタッツ】
広島ドラゴンフライズ
◆得点
#13クリント・チャップマン26点
#7坂田央 17点
◆リバウンド
#13クリント・チャップマン12リバウンド

熊本ヴォルターズ
◆得点
#30テレンス・ウッドベリー21点
#8ジョッシュ・ドゥインカー16点
#2古野拓巳11点
#7小林慎太郎11点
◆リバウンド
#8ジョッシュ・ドゥインカー11リバウンド
#2古野拓巳 6リバウンド
#14ジョーダン・ヴァンデンバーグ 6リバウンド
#11福田真生 5リバウンド
◆アシスト
#2古野拓巳10アシスト

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内