地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > サッカースタジアム中央公園案で、基町自治会単位の説明会は建設促進には無意味!?渋谷ではスタジアムスクランブル発進…
2018年09月16日
編集部編集部

サッカースタジアム中央公園案で、基町自治会単位の説明会は建設促進には無意味!?渋谷ではスタジアムスクランブル発進…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
基町
  • 3

    レッドヘル

  • 4

  • 5

  • 2

    ダグ

6月24日に開催された基町地区住民説明会で、スタジアム建設候補地にされることに反対意見を述べる住民側、「反対」が大多数を占めるのは2カ月半が経過した今も同じで「説明」を受けたところでその意思は揺らぎそうもないのだが…

 

ひろスポ!関連記事
W杯日本対セネガル戦キックオフ10時間前にサッカースタジアム問題で基町地区住民説明会、出てきた声は「町の活性化とスタジアム問題は別」「W杯で盛り上がっているが不審者で大騒ぎ」「旧広島市民球場跡地をなぜ避ける(2018年6月24日掲載)
hirospo.com/pickup/48115.html

広島のサッカースタジアム問題について、その主導権を握る広島市、広島県、広島商工会議所(松井市長、湯崎知事、深山会頭の3者それぞれの意向に沿って展開)は9月13日、「第3のサッカースタジアムの建設候補地」(深山会頭発言に端を発す)に隣接する基町地区での住民説明会を6回に分けて行うと発表した。

9月18日から10月2日までの日程で、全部で20ある自治会を小分けにしてていねいな説明を行っていく。説明会は報道陣にも公開する。

この件について、新聞各紙がすでに報じたところであるが、どの報道を見ても3者側からの姿勢を報じたものだけ。

だが、肝心なのはその説明を受ける基町地区住民側の受け止め方。そこで自治会の責任者数人の声を集めてみたが、還ってきた答えは「説明は聞きますが私たちの考えは変わらない」「この問題を最初に聞いた時から言っていますがスタジアム候補地にはあくまで反対」「広島市が説明するというから聞きますが、聞いたところでみんな反対」「基町は一枚岩」というものだった。

この問題に関しては中国新聞の報道の仕方も、実は最近になって微妙に変化してきている。

9月14日付の22面掲載、「自治会単位で説明会」の見出しの記事の中でも、「6月の住民説明会で反対や不安の声が相次いだ」と住民側の立場を説明し、さらに2月にあった住民団体が建設反対の要望書を松井市長に提出したことも紹介しつつ「6月にあった全住民を対象にした説明会でも反対意見が目立っていた」ともう一度、現場の声を拾っている。

ただ「反対意見が目立っていた」というよりは「9割方、反対だった」がより実情には近いと考えるが…

中国新聞の記事ではこの問題で最前線に立つ広島市スポーツ振興課サイドの、基町地区を始めとする課題の多い地域の活性化への要望の聞き取りを進め、スタジアム候補地としての理解を得ていきたい、との考えも紹介されてはいる。

ただ、繰り返しになるが住民サイドは「スタジアム候補地」には「反対」で、さらに「地区の活性化とスタジアムは別問題で、活性化は地区の現状を考えれば待ったなし、スタジアムとの交換条件、という類の話ではありません」とその見解もまたははっきりしている。

こうした現状を総合的に判断すれば、おそらく「自治体単位の説明会」を行ったところで何の進展も見られそうにないだろう。

もちろん広島市が”説明を尽くしたから”と強行突破で基町高層アパート群に隣接する中央公園を建設候補地に加えるという筋書きがあるのであれば、話は別だが…

いずれにせよ、少なくとも2004年夏の市民球場の貨物ヤード跡地移設決定からだけでも14年間も空転させた広島のサッカースタジアム問題をこれ以上停滞させることは許されない。

そうしている間に広島はどんどん取り残されていくからだ。広島市民も、我々も当たり前だがどんどん年をとっていく、サンフレッチェ広島の選手も監督もクラブ側の面々もどんどん広島を後にする…

東京都渋谷区で開催中のイベント「SOCIAL INNOVATION WEEK SHIBUYA 2018」では9月13日、同区内の代々木公園内にスタジアムを建設する構想が発表された。スタジアム名は「スクランブルスタジアム渋谷」。ひろスポ!ではこの件についてすでに報じた。

一般社団法人 渋谷未来デザイン オフィシャルサイト
www.fds.or.jp/

スクランブルスタジアム詳細
scramble-stadium.tokyo/

吹田市、北九州市、京都府に追い越された広島市のサッカースタジアム建設、代々木スタジアム案浮上でますます窮地?(2017年7月31日掲載)
hirospo.com/pickup/39685.html

都立代々木公園内に複合型サッカー専用スタジアム建設案浮上…で広島のサッカースタジアム建設ますます窮地?の続報(2017年8月1日掲載)
hirospo.com/pickup/39708.html

サッカースタジアムを本気で作ろうと思うなら、住民への説明会の前にまず、建設・運営主体を決めること、と同時に建設費のねん出、とほぼ同時に建設場所の決定、だ。

新球場(マツダスタジアム)の建設において、貨物ヤード跡地の場所決めからそうしたように…

そんなに揉めるようなら中央公園案など外して、3者側が言う広島みなと公園、旧広島市民球場跡地の2者択一に戻したらどうか?

もう「住民への説明」に時間をかけるフリをするのは止めた方がいい。何度でも繰り返すがこのままでは、何も進まない。

ひろスタ!特命取材班

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内