地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 野村、ジョンソン、九里…ヤクルト打線の前に先発陣総崩れの広島、ブルペン陣と打線奮起で逆転勝ちに成功!
2019年05月14日
編集部

野村、ジョンソン、九里…ヤクルト打線の前に先発陣総崩れの広島、ブルペン陣と打線奮起で逆転勝ちに成功!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

5月14日 ○9-1ヤクルト、マツダスタジアム
通算20勝18敗1分け(阪神と同率の3位、首位巨人まで2差)
18時開始・3時間42分・3万1380人
相手先発 原●4回3分の2、6安打6失点
本塁打 バティスタ8号②

一番センター野間
二番セカンド菊池涼
三番ファーストバティスタ
四番ライト鈴木
五番レフト西川
六番キャッチャー会澤
七番サード安部
八番ショート田中
九番ピッチャー野村3回3分の2、73球8安打4失点(自責4)
レグナルト
九里
一岡
フランスア
中崎

野村が三回、四回と四球絡みで失点して今季最短KO降板となった。先週火曜日の中日戦(ナゴヤドーム)でも二回に死球から失点、三回には連打を浴びて大量失点…

広島は今季、この試合の前までで先発が5回を投げきれずに降板したケースが10度あった。勝敗は9敗1分けで、内訳はジョンソン、九里が3度ずつ。野村が2度、岡田と中村祐が1度ずつ。

さらに対戦別ではヤクルト戦が5試合と半数を占め、残りは巨人2試合、阪神・DeNA・中日が1試合ずつ。

この日の広島はこうした数字に反発して、今季7度目の逆転勝ちに成功した。

五回、相手のミスなどに乗じて4点を奪い試合の流れを引き戻すと、レグナルト以下ブルペン陣のリレーでヤクルトの反撃を封じ込めた。対ヤクルト戦、マツダスタジアムでの今季初勝利で2位・ヤクルトまでゲーム差1。(ひろスポ!・田辺一球)

 

JBC

詳しい内容及びお申込みはこちら

 

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内