地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 交流戦初戦、八回・レグナルト、九回・フランスア…の新継投も広島今季初のサヨナラ負け
2019年06月04日
編集部

交流戦初戦、八回・レグナルト、九回・フランスア…の新継投も広島今季初のサヨナラ負け

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

6月4日 ●4-5x西武(延長12回)、メットライフドーム
通算33勝21敗1分け(2位の阪神に3差の首位)
18時開始・4時間24分・2万5934人
相手先発 今井7回8安打4失点
本塁打 バティスタ16号①

一番センター野間
二番セカンド菊池涼
三番ファーストバティスタ
四番ライト鈴木
五番レフト西川
六番DH松山
七番キャッチャー磯村
八番ショート田中
九番サード小窪
ピッチャー野村6回106球6安打4失点(自責1)
一岡H
レグナルトH
フランスアH
中崎H
中村恭H
菊池保●(18試合1勝1敗)

広島は昨年に続いて交流戦初戦で西武と対戦、今季初となるサヨナラ負けを喫した。

先発の野村は二回、先頭の森を歩かせたあと、一死から打者・栗山の時、森に二盗を許した。いつもの会澤ではなく磯村とバッテリーを組む中、隙を突かれたかっこう。

その後、栗山も歩かせ八番・戸川には一ゴロを打たせた。しかしバティスタと自身の連携がうまくいかず先制点を許すと、さらに3点を失った。

追いかける打線は四回、バティスタに16号ソロが飛び出したのを合図に西武先発の今井を攻め、一気に同点に追いついた。

ただ八回以降、西武の継投策の前に放ったヒットはバティスタの内野安打1本…

広島のブルペン陣も七回・一岡、八回・レグナルト、九回・フランスア、延長十回・中崎、延長十二回・中村恭とそれぞれが新たな持ち場で繋いでゼロを並べていたが、最後は菊池保が無死満塁から中村にサヨナラ打を許した。

サヨナラのお膳立てをした外崎は九回、二死満塁のチャンスでフランスアの前に空振り三振に倒れていたが最終打席でセンター前にヒットを放ち、続く山川の打球が右中間に落ちてあっという間に無死二、三塁にされた。

結果論だが、菊池保に西武クリーンアップでは荷が重すぎた?ただ、この時点で残っていたのは第3戦先発予定の山口と、先発ローテから外れたばかりのアドゥワだけ。広島首脳陣に選択の余地は残されていなかった。(ひろスポ!・田辺一球)

 

新年度年会費キャッシュバック!!
JCBカープカードでいつも応援気分!
JBC
詳しい内容及びお申込みはこちら

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内