地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > バティスタ22号・23号、安部サヨナラ5号!ブルペン陣も踏ん張って広島2試合連続延長サヨナラ勝ち
2019年07月23日
編集部

バティスタ22号・23号、安部サヨナラ5号!ブルペン陣も踏ん張って広島2試合連続延長サヨナラ勝ち

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

7月23日 ○6x-5(延長10回) 中日、マツダスタジアム
通算43勝45敗3分け(首位・巨人まで9差単3位変らず、2位のDeNAに1・5差)
18時開始・4時間17分・3万2163人
相手先発 大野雄5回4安打1失点
本塁打 バティスタ22号①、23号②、安部5号①

一番センター西川
二番セカンド菊池涼
三番ファーストバティスタ
四番ライト鈴木
五番レフト松山
六番ファースト安部
七番キャッチャー磯村
八番ショート小園
九番ピッチャーアドゥワ4回3分の0、86球9安打5失点(自責5)
菊池保
遠藤
レグナルト
島内
フランスア○(44試合6勝3敗4S)

広島は本拠地での巨人戦3連勝から中1日、今度は中日を相手に”2夜連続”の延長サヨナラ勝ちを収めた。

延長十回、先頭の安部は中日・祖父江の投じたファーストストライク、2球目の147キロを逆方向へ。スタンドのどよめきと歓声が交錯する中、高く上がった打球はそのままレフトスタンドに飛び込んだ。

一番から五番を球宴明けから固定した広島打線。その効果はこの日もテキメン…とまではいかなかったが”らしさ”は存分に発揮した。

三回に先制ソロを放ったバティスタは九回にも、起死回生の同点2ランを放ち試合を5対5の振り出しに戻した。この回、岡田をマウンドに送った中日ベンチも、改めてマツダスタジアムで勝ち切ることの難しさを目の当たりにする形になった。

この回、一死から代打・三好に中前打が出て、二死二塁となって菊池涼がしぶとくタイムリー。これで3対5、2点差。続くバティスタはボールカウント1-2と追い込まれたが低目のボールになるフォークを我慢したあと、5球目のスライダーが高目に来たところを完璧にとらえた。

一方、安部の方は五番までが固定されているここ7試合、日替わりでその役目を務めるという難しい立場にある。

7月15日からのDeNA3連戦では…
七番スタメンで3の1、途中交代
六番スタメンで4の1、1併殺打
ベンチスタート出番なし

7月19日からに巨人3連戦は…
六番スタメンで3打数1本塁打1犠打
ベンチスタート出番なし
六番スタメン2の1、1四球1犠打

要するに相手の先発の左右によって出番が左右され、シーズン途中で移籍してきた三好との競争も激化…そうした中でこの日も六回の無死満塁では三ツ間の前に空振り三振、八回の無死一、三塁ではロドリゲスとの対戦では遊ゴロ併殺の間に1点…と悔しい打席が続く中、最後の最後で”一発回答”…となった。

なお4連勝の間に登板したブルペン陣は述べ14人でそのうち失点したケースは1度だけ。打つ方では七回以降に12点も入れており「逆転のカープ」を地で行く状況となっている。(ひろスポ!・田辺一球)

 

新年度年会費キャッシュバック!!
JCBカープカードでこの夏こそ大応援!
JBC
詳しい内容及びお申込みはこちら

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内