地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島、23年ぶりリーグ優勝の切り札になるか?新外国人右腕「ビッグD」
2014年07月27日
編集部

広島、23年ぶりリーグ優勝の切り札になるか?新外国人右腕「ビッグD」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

広島の新外国人、デュアンテ・ヒース投手(右投右打、元ホワイトソックス3A)がマツダスタジアムで会見した。

最高球速は154キロでスライダー、スプリット、チェンジアップなどを操ることをアピールしたヒースは「自分はパワーピッチャーだと思っている。先発でも中継ぎでもチームの勝利に貢献することが目標だ。”ビッグD”と呼んで欲しい」と自信満々に語った。

来日前の成績は2012、13年にメジャーリーグのホワイトソックスで8試合に投げて防御率は10・24。マイナーリーグでは2007年からの8シーズンで243試合(先発88試合)に投げ、防御率3・77。投球回数712回3分の1で665奪三振と三振奪取率が高い。

広島は、夏場を迎えて前田健太を軸にした先発ローテーションの再編成を急いでいる。中でもバリントンの調子がなかなか上がってこないことが不安材料となっており、ヒースが先発ローテに加わる可能性もある。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内