地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > 広島、中日戦痛恨の連敗でゲーム差1に急接近され尻に火…
2014年08月06日
編集部

広島、中日戦痛恨の連敗でゲーム差1に急接近され尻に火…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

前夜、豊橋で中日に延長サヨナラ負けを喫した広島がナゴヤドームでも2対3、1点差負けした。これで中日にゲーム差1に迫られ上位阪神、巨人の動きを気にしつつも3位の座が危うくなり始めた。

前夜と今夜で大きく違ったのは中日のスタメンマスクを谷繁兼任監督がかぶったこと。

中日は3年目でプロ3度目の先発となった左腕の小川が5回で8個の四球を乱発するフラフラ状態だったが肝心の場面で広島打線は沈黙。小川から奪ったのは菊池のソロと降板直前の押し出しによる2点のみだった。

さらに2対2同点で迎えた七回には広島先発のバリントンが二死二塁から谷繁兼任監督を打席に迎えて2球で追い込みながらファウルで粘られフルカウント。8球目の内角球を見透かしたようにレフト前にライナー性で打ち返され、決勝点を奪われた。

九回は岩瀬が途中で足に異常を訴え、前夜2イニングを投げた福谷が一死二塁から緊急登板。その初球で谷繁兼任監督はフォークを福谷に投げさせてエルドレッドは空振り三振。さらに田中も最後の最後でフォークに打ち取られ、谷繁兼任監督”完投”の前に打線は最後まで繋がりを欠いた。

広島は7月の終わりにマツダスタジアムであった中日3連戦から数えてこれで中日に4敗を喫しているがずべて2点差以内とハンで押したように接戦をモノにできていない。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内