地域と共に、みんなの広島スポーツ交流マガジン

【ひろスポ!】広島スポーツニュースメディア > カープ > サンフレッチェ広島、東京五輪スポーツの祭典に向け2020アウェイユニフォームは鹿島、浦和とともに「赤」しかもカープなレッド!
2019年12月23日
編集部

サンフレッチェ広島、東京五輪スポーツの祭典に向け2020アウェイユニフォームは鹿島、浦和とともに「赤」しかもカープなレッド!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 3

    SRC

  • 2

    ダグ

  • レッドヘルメット

サンフレッチェ広島では東京五輪、パラリンピック開催の2020シーズンに使用するアウェイユニフォームデザインを12月23日に発表した。ユニフォームサプライヤー株式会社ナイキジャパン。                      

新アウェイユニフォームコンセプトは次のとおり。                               

       

来夏に向けて、世界中の注目が東京に集まる中、ナイキが、サンフレッチェ広島、鹿島アントラーズ、浦和レッズの3クラブ史上初となる統一テーマの新アウェイユニフォームを発表しました。

この統一テーマには、スポーツの祭典に向け、スポーツの魅力や楽しさ、感動、そして、幸せや平和の実現をフットボールを通じて、目指すという各クラブの理念が反映さてれています。

 ユニフォームのデザインは、日本の国旗からインスピレーションを得て、各チームオリジナルのレッドとホワイトを採用し、日本から世界に羽ばたく3チームを表現。サンフレッチェ広島は広島東洋カープのチームカラーの赤からインスパイアされたサルサレッドを採用しています。

2020年シーズンに向け、選手たちはホワイトとレッドのアウェイユニフォームで、日本の誇りを胸に新シーズンを戦います。

LINEで送る

シェアしてお友達にもこのニュースを教えよう!

ひろスポ!の情報を逃さずチェック!

※SSL暗号化通信で登録します。
※メルマガはいつでも解除出来ます。
  • 6

    レッドヘル

  • 1

    医療法人社団飛翔会

  • 5

    アイフット

  • 4

  • 2

  • 3

有料メルマガ配信案内